女性天皇反対の理由と女系天皇がいけないのはなぜ?賛成意見と容認の可能性は?

Pocket

女性が天皇になるのはなぜいけないのでしょうか?天皇や皇太子の子供に男の子がいない時に、しばしば話題にあがる「女性天皇」「女系天皇」の反対の理由と女系天皇がいけないのはなぜかをまとめました?賛成意見と容認の可能性も合わせて考えてみました。







女性天皇と女系天皇

女性天皇とは?

女性が天皇になることです。

過去には女性が天皇になったこともありますが、大半は男性が天皇になっています。

男性が天皇の場合、その妻は「皇后」と呼ばれます。




過去の歴代女性天皇は?

近年の天皇が男性だからといって、すべての天皇が男性だったわけではありません。

推古天皇を筆頭に、女性天皇は10人います。

1762年から1770年にかけて天皇だった「後桜町天皇」が皇位を譲ったのを最後に、女性天皇は現れていません。

592年の推古天皇から770年退位の称徳天皇まで、170年の間に8名の女性天皇が就位していますが、その後は約1200年間でたったお二人しか女性天皇は現れていません。

女系天皇とは?

母親が天皇の血統の場合の天皇のことで、必ずしも女性とは限りません。

これまで天皇は125名いらっしゃいますが、すべて父親が天皇の血統で、世界記録を更新し続けているそうです。




女性天皇や女系天皇がいけないのはなぜ?

反対の理由は?

いろいろ力説しているウェブサイトはありますが、どれも科学的な説得力を持ったものはありません。

いくら読んでも、「んー論理的におかしくない?」って思えてしまいす。




賛成意見と容認の可能性は?

一番の理由は、「女性が天皇になっても、なんら不都合な理由が見当たらない」ことです。

男女平等が日本国憲法で認められているのに、「天皇は男性じゃなきゃダメだ!」って言われても、「え、なんで?」となってしまいます。

同じく象徴王室のイギリスでは、エリザベス二世が王位についていますが、何も不都合なことは起きていません。

現代で「天皇は男性!」とこだわることは、時代錯誤も甚だしいと言わざるをえません。

過去に議論があったことが明らかになりましたが、早く時代に即したルールに改めた方がいいですね。

まぁ、現状ルールで皇位継承できる方(悠仁様)がいるので、議論が沸き起こる可能性は低くはなっていますが。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする