Mリーグのチーム別戦力や選手の強さ分析【2019年保存版第2回】

Pocket

Mリーグの2018年度が終了しましたが、2019年に向けてチーム別の戦力や選手の強さを分析してみました。第2回は、「渋谷ABEMAS」と「KONAMI麻雀格闘倶楽部」を特集します。2019年度の保存版としてご活用ください。







Mリーグのチーム別戦力や選手の強さ分析第2回

渋谷ABEMAS

チームの戦力評価

レギュラーシーズンは2位で、ファイナルシリーズは3位でした。

リーグで上位の戦力があることの証明でしょう。

2019年度は、「優勝」を視野に入れた戦力整備を図られるのではないでしょうか?

選手の強さの評価

選手別の個人成績は以下のとおりです。

スコア 平均打点 4着回避率
多井隆晴 1位 15位 4位
松本吉弘 10位 18位 11位
白鳥翔 21位 19位 18位

多井隆晴プロが、スコアでタイトル獲得、4着回避率も4位につけているのが目を引きます。

平均打点は3名とも下位なので、多井隆晴プロの活躍がチームの成績を押し上げた格好が顕著です。

KONAMI麻雀格闘倶楽部

チームの戦力評価

レギュラーシーズンでは3位、ファイナルシリーズでは4位でした。

渋谷ABEMASと同じく、リーグ上位のチーム力をお持ちです。

2019年を見据えると、もうひと伸び戦力補強を図りたいと思われているでしょう。

選手の強さの評価

選手の個人別成績は以下のとおりです。

スコア 平均打点 4着回避率
佐々木寿人 3位 5位 12位
高宮まり 19位 17位 19位
前原雄大 8位 9位 9位

佐々木寿人プロが全般的に高水準の成績を収めたことで、チームを好成績に押し上げた格好です。

前原雄大プロが3部門ともリーグ中位の成績を残したことも、チーム成績を下げない要因の一つとなりました。

【次の記事 5月20日公開予定】

Mリーグのチーム別戦力や選手の強さ分析【2019年保存版その3】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする