Mリーグのチーム別戦力や選手の強さ分析【2019年保存版その1】

Pocket

Mリーグの2018年度が終了しましたが、2019年に向けてチーム別の戦力や選手の強さを分析してみました。2019年度の保存版としてご活用ください。







Mリーグのチーム別戦力や選手の強さ分析その1

EX風林火山

チームの戦力評価

ファイナルシリーズの優勝は、惜しくも赤坂ドリブンズに奪われてしまいました。

でも、レギュラーシーズンを1位、ファイナルシリーズでも2位という成績は、一番の安定感と評価すべきでしょう。

チーム力はナンバーワンと評価しても、異論はないと思います。

選手の強さの評価

選手は、ドラフト順に二階堂亜樹・滝沢和典・勝又健志です。

それぞれの個人成績は以下のとおりです。

スコア 平均打点 4着回避率
二階堂亜樹 12位 11位 2位
滝沢和典 2位 8位 1位
勝又健志 11位 19位 4位

チームとしての特徴が出ているのは、「4着回避率」です。

21名のプロのうち、3人とも4位以内に入っているのです。

つまり、爆発力は平均的でも、ビリにはならない可能性が高い選手ばかりが集まっているということです。

野球でいうと、打撃は平均的だけどチーム防御率がピカイチみたいな特色なのでしょう。

2019年のドラフトがどんな制度になるか不透明ですが、2019年も高い成績を収めそうな雰囲気が濃厚です。

赤坂ドリブンズ

チームの戦力評価

風林火山を抑えて、ファイナルシリーズ優勝を勝ち取ったのが赤坂ドリブンズです。

レギュラーシーズンではギリギリ4位でファイナルシリーズ進出を決めた後、ファイナルシリーズで優勝を決めました。

短期決戦に強いという評価が的を得ているのではないでしょうか。

選手の強さの評価

選手はドラフト指名順に、園田賢・村上淳・鈴木たろうです。

それぞれの個人成績は以下のとおりです。

スコア 平均打点 4着回避率
園田賢 6位 20位 14位
村上淳 16位 7位 15位
鈴木たろう 9位 2位 20位

目立つのは、鈴木たろうプロの平均打点2位と、園田賢プロのスコア6位で、それ以外はどちらかというと下位の方です。

風林火山に比べると、短期決戦向きであることが個人成績から読み取れます。

【次の記事】

Mリーグのチーム別戦力や選手の強さ分析【2019年保存版その2】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする