Mリーグで禁止の賭け事や博打の範囲は? 麻雀プロは雀荘で働いたり駆けマージャンしたらダメ?

Pocket

2018年にあらたに発足した麻雀プロリーグの「Mリーグ」。麻雀には賭け事・博打・賭博のイメージがつきまとうため、プロリーグ化にあたって厳しく禁止されています。そこで、マージャンプロがしていいことやしたらダメなことの範囲をまとめました。

Mリーグで禁止の賭け事や博打の範囲は?

賭け事禁止はなぜ?

麻雀というと、中には高額のお金をかけてスリルを楽しむ方もいらっしゃいます。

金額がエスカレートして、中には逮捕されるケースもあります。

一方で、麻雀に限らず「プロの世界」は、「ファンに超一流のパフォーマンスを見せること」を目的にしています。

パフォーマンスが出来レースだったら存在意義はありませんので、パフォーマンスの結果に金銭が絡むのはもってのほかです。

そういうわけで、プロ野球でもメジャーリーグでも、パフォーマンスにお金が絡むことを徹底的に排除してきた過去があるのです。

だからMリーグは、後述する「麻雀」という「賭け事」の対象になってきた競技を、プロリーグ創設にあたって「賭け事」の要素を徹底的に排除することにしたのです。

博打・賭け事と麻雀

博打や賭け事は、簡単にいうと「お金などを賭けて、勝負を争うこと」という意味です。

麻雀に当てはめると、麻雀をプレーした結果、負けた人から勝った人へお金を払うという意味です。

麻雀と賭け事の関係を真正面から取り上げた報道はほぼ見かけませんが、程度の多少こそあれ正直言ってよく見かける光景でしょう。

麻雀プロが雀荘で働いたりオンレしたらダメ?

Mリーグのルールはどうなってる?

上述のようにMリーグは、プロ麻雀から賭博・賭け事を排除しようとしています。

そこで、以下のような取り決めを全面に打ち出しています。

仮に賭博への関係が判明した場合、解雇等の厳重な処分を課す

出典:Bizジャーナル

一方で、絵に描いた餅になると制度の今回を揺るがします。

かつて以下のような歴史を過ごしてきた麻雀界。

これまでギャンブルイメージが払拭できず、様々なスポンサー候補が消極的な姿勢を崩さないまま、麻雀界はずっと資金繰りに苦労を重ねてきた。

出典:Bizジャーナル

それが、大手のスポンサーがたくさん付いたということは、既にギャンブル排除の取り組みの目処がついたということです。

藤田晋チェアマンの辣腕ぶりには、脱帽するばかりです。

これまでは博打色の強かった麻雀(マージャン)が、プロリーグ化されることになりました。Mリーグというのですが、仕組みやルールはどんな感じで賞金はいくらなんでしょうか? 麻雀プロの注目選手は誰で強さも含め、まとめました。

雀荘で働くのはダメ?

「指名された後は、雀荘で副業したらダメなのか?」

これについて公式のコメントはありませんが、おそらく禁止されるはずです。

Mリーグの範疇外にある雀荘では、これからも賭け麻雀はひっそりと生き続けるでしょう。

そこと接点を持ち続けるということは、賭け事との関わりを疑われる原因になるからです。

一方で、Mリーグ入りする麻雀プロからすると、これまで世話になった雀荘に後ろ足で砂をかけることになります。

なので、Mリーグ運営側としては、雀荘側とデリケートな対応をしないと、泥沼の争いになりかねません。

まぁ、やり手の藤田晋社長のことですから、そこは抜かりなく進めているでしょう。

今回のプロジェクトの肝になる部分だからです。

オンレしたらダメ?

「オンレ」とは「オンレート」のこと、つまり勝ったら負けた人からお金をもらう麻雀のことです。

これはMリーグが禁止している賭博行為そのものなので、絶対ダメです。

過去に雀荘で働いたりオンレしてたらダメ?

鈴木たろうプロの以下のコメントから、賭け事・賭博について業界的な関係があったと読み取れます。

実質的にギャンブルとして発展して来た部分のある麻雀ですが、今後は賭博と決別し最高の頭脳スポーツ競技を目指して歩み始めます。

出典:Bizジャーナル

仮にMリーグが、ドラフト対象選手に賭博行為に関して「過去から清廉潔白であること」まで求めてしまうと、契約できる選手がいないとも読み取れます。

よって、ひどいケースは除くとして、「過去の少々の賭け事には目をつぶる」というスタンスで臨むのではないでしょうか?

そうしないと、「〇〇は以前△△してたぜ!」という通報合戦になって、Mリーグという制度そのものが立ち行かなくなるでしょう。

清廉潔白を望みすぎると、矛盾をきたすだけでなく、リーク情報を取り上げるマスコミがますます煽るばかりです。

なお、麻雀に関する記事は【麻雀の関連記事】でまとめています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする