Mリーグのチーム別戦力や選手の強さ分析【2019年保存版第4回】

Pocket

2019年のドラフトが気になるMリーグですが、先にチーム別の戦力や選手の強さを分析しておきたいですよね!第4回は、「TEAM RAIDEN」を特集します。2019年度の保存版としてご活用ください。







Mリーグのチーム別戦力や選手の強さ分析第4回

UTEAM RAIDEN

チームの戦力評価

レギュラーシーズンでは6位のフェニックスよりもさらに下回ってしまい、最下位(7位)に終わってしまいました。

2019年のドラフトでは、抜本的なテコ入れをはかられるのではないでしょうか?

選手の強さの評価

続いて個人別の成績をまとめました。

スコア 平均打点 4着回避率
黒沢咲 7位 12位 10位
萩原聖人 13位 10位 16位
瀬戸熊直樹 20位 6位 21位

3部門とも、リーグトップレベルに食い込めないなかで、瀬戸熊直樹プロが2部門でほぼ最下位になってしまったのが、痛かったのかもしれません。

平均打点がいいというのは「上がった時の点数が高い」ということですが、4着回避率が21位というのは、「負けるときはとことん負けちゃう」ということです。

その結果、スコアが20位という低調なものに終わってしまったのでしょう。

プロ競技ですから、好調な人もいれば不調な人もいます。

不調な人をカバーできる人の存在がいいチームには欠かせないのですが、好調な人がいなかったというのが、チームとしては痛かったのかもしれません。

【次の記事】

Mリーグドラフトされた強い選手は誰?かわいい・美人の雀士は?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする