QTUMの今後や将来性をわかりやすく図解解説 【仮想通貨初心者】

Pocket

「仮想通貨QTUM(クアンタム)の今後の展望は?」「QTUMの仕組みを超簡単に教えて」今話題の仮想通貨QTUMってかなり気になりますよね。そこで、仮想通貨の初心者向け超入門解説アルトコイン編の今回は、仮想通貨QTUMの今後の展望・将来性を、仕組みの超簡単解説とともにわかりやすく解説します。

QTUM(クアンタム)の今後や将来性をわかりやすく図解解説 【仮想通貨初心者】

仮想通貨QTUM(クアンタム)の仕組みを超簡単に

仮想通貨QTUMは、超簡単にいうとQtumの仕組みで使われる仮想通貨のことです。

Qtumを簡単にいうと、分散型のブロックチェーンアプリのプラットフォームです。

仮想通貨のビットコインが生まれたことが主なきっかけになってブロックチェーンが大きく注目されていますが、Qtumはそのブロックチェーンを大きく改善させる技術です。

Qtumにはいろんな特徴がありますが、なんといっても大きいのはブロックチェーンの仕組みの重要な要素であるブロックサイズやガス代の設定変更ができるということです。

また、イーサリアムで有名な機能のスマートコントラクトの機能を追加することもできるなど、今後ブロックチェーン・技術を発展させていく上で欠かせない機能がQtumにはあります。

間にクライアントサーバーを必要とせずに送受信する形態のネットワークをPeer to Peerといます。

Qtumでは、Peer to Peerのネットワークや、様々なニーズに対応できる機能を持ったウォレット、そしてブロックチェーンやアプリ開発のリソースも提供できるという特徴があります。

QTUM(クアンタム)の今後・将来性

Qtumは、今後ますますニーズが高まっていくブロックチェーンの機能を飛躍的に高める技術なので、技術面の将来性・ニーズはかなり高いと思います。

いま、取引時間の短縮のための技術の開発を進めていて、これからも目が離せない技術だと思います。

仮想通貨QTUM(クアンタム)の取引所

こちらの記事で書いていますので、是非どうぞ。

今回のブログはここまでです(随時更新予定)。

他にもアルトコインの記事を書いていますので、ぜひご覧下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする