EPSの今後や将来性をわかりやすく図解解説 【仮想通貨初心者】

Pocket

「仮想通貨EPSって今後の展望はどうなるんだろう?」「Ellipsisの仕組みを超簡単に教えて」今話題の仮想通貨EPSってかなり気になりますよね。そこで、仮想通貨の初心者向け超入門解説アルトコイン編の今回は、Ellipsisで使われる仮想通貨EPSの今後の展望・将来性を、仕組みの超簡単解説とともにわかりやすく解説します。

EPSの今後や将来性をわかりやすく図解解説 【仮想通貨初心者】

Ellipsisと仮想通貨EPSの仕組みを超簡単に

仮想通貨EPSは、Ellipsisというプラットフォームで使われる仮想通貨です。

Ellipsisもブロックチェーンを使った技術ですが、EllipsisではStablecoinのデリバティブ取引ができます。

Stablecoinは以下の記事で解説していますが、超簡単にいうと法定通貨等と交換比率が固定されている仮想通貨のことをいいます。

仮想通貨は値動きが非常に激しくてリスクが高いので、法定通貨とリンクさせておくことで、リスクを低くしようという工夫がされた仮想通貨です。

ちなみに、法定通貨以外のものともリンクしているStablecoinもあります。

仮想通貨EPSは、Ellipsisへ資金を提供し続けたくなるような工夫がいくつも施されています。

まず、Ellipsisの仕組みへ資金を提供する人のことをLiquidity provider(=LP)といいますが、LPへの報酬として使われます。

それだけではなく、LPが仮想通貨EPSをEllipsisへ資金をステイキングしたら、報酬を受け取れる仕組みも用意されています。

ステイキングは、仮想通貨を購入して保有することで、ブロックチェーンの仕組みへ入ることをいいます。

つまり、仮想通貨の時価の変動リスクを負った状況でいつづけるという意味も込められています。

このほかにも、仮想通貨EPSを持っていると取引手数料を受け取ったり、エアドロップを受け取る権利もあります。

エアドロップというのは、仮想通貨の販促目的で特定の仮想通貨を持っている者に対して、仮想通貨等を無料配布することをいいます。

EPSの今後・将来性

4月4日に更新予定です。

仮想通貨EPSの取引所

4月5日に更新予定です。

今回のブログはここまでにします(随時更新予定)。

他にもアルトコインの記事をたくさん書いていますので、ぜひどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする