放射能汚染の影響は?身体や人体の健康はどうなる?

Pocket

福島原子力発電所の事故から8年が経ちましたが、影響はまだ止んでいません。放射能汚染の影響はどんな感じなのでしょうか?身体や人体の健康はどうなるのか調べました。







福島原子力発電所の事故

東日本大震災

2011年3月11日に発生した日本の歴史上最大の地震です。

マグニチュードは9.0で、宮城県栗原市で震度7が発生しました。

震源が陸地でなかったため、大規模な津波が発生し、被害が甚大な規模になりました。




原子力発電所の事故

津波の影響で地震の被害を大規模化させたのは、福島原子力発電所の事故です。

メルトダウンなど放射性物質が発電所から漏れ出し、事故の深刻度の指標がチェルノブイリ原発事故と同じく「最悪のレベル7」に分類されています。




放射能汚染の影響は?

放射能

高い知識が必要なので非常に難しいですが、「放射性崩壊」というステージを経て「高いエネルギー」が放出されます。

放射能を浴びたら「被ばく」といわれ、体に悪い影響を与えます。

以下のツイートからわかるように、放射能は非常に強力な物質であることがわかります。

身体や人体の健康への影響は?

放射能を浴びた種類やボリュームによって変わりますが、浴びすぎるとたった数日から10日程度で命に影響がでると言われています

仮に命が無事だったとしても、以下のような影響が出るそうです。

重度のやけど、脱毛、発疹、皮下出血、リンパ球や白血球の減少、下痢などの症状が現れます。

出典:My Lohas

このほかにも、長い期間をかけた後に人の体へ出る影響として、ガンになる確率が上がるそうです。

とにかく、人間がコントロールするのが非常に難しい物質であることがわかります。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする