神戸女学院中学受験の塾の費用は3年間いくらかかるか学費のまとめ

Pocket

神戸女学院中学の受験指導塾は、早い人で2-3年生・普通の人は4年生から通い始めます。そうすると、保護者さん的に気になるのは「費用はいくら?」です。そこで、「神戸女学院中学受験に必要な塾の費用はいくら?」なのか学費情報をブログにまとめました。

神戸女学院中学受験の塾の費用は3年間いくらかかる?学費のまとめ

神戸女学院中学の受験の費用

神戸女学院中学の受験に塾は必要

神戸女学院中学の受験にはやはり塾は欠かせないです。

我々受験指導塾が提供しているサービスを素人の親御さんたちが提供するのは現実的ではありませんし、何よりお嬢様本人に「親への反発心」が芽生えるからです。

つまり、「親だとどうしても感情が入ってしまう。他人である塾講師だからこそ叱れるし、本人も聞く耳を持つ」ということです。

また、受験指導塾が培ってきたノウハウや情報はもちろん、お嬢様本人に納得させるという意味でも塾の役割は必須だと思います。

塾の費用はいくら?

おそらく大手の受験指導塾であれば、そんなに大差はないでしょう。

なお、以下の費用には、交通費/ガソリン代も加算してください。

(1)4年生

神戸女学院中学は受験科目が4科目(国語・算数・理科・社会)です。

ですから、負担感をお嬢様や保護者の方々が実感して頂くためにも、4年生のときから4科目授業を取る方がいいです。

中にはいろんなオプションコースがあるでしょうが、基本コースの授業と春期・夏期・冬期講習だけを集計してみました。

教材費を入れると、だいたいこんな感じになってくると思います。

  • 4科目基本コース:47,000円/月
  • その他諸費用:6,000円/月〜8,000円/月
  • 春期講習:30,000円
  • 夏期講習:55,000円
  • 冬期講習:45,000円

合計すると、663,000円/年です。

「うわぁ、高いなぁ・・・」と思われるかもしれませんが、6年生での金額を考えると「ほんの序の口」なのが正直なところです。

5年生

5年生になると基本コースの費用がアップする上に、大半の塾では月に1度程度の「神戸女学院受験対策コース」も始まります。

オプションコースも設けられているので、お嬢様の特性を考えて一部受講することも検討します。

教材費も含めると、だいたいこんな金額になるのではないでしょうか?

  • 4科目基本コース:70,000円/月
  • その他諸費用:6,000円/月〜8,000円/月
  • 神戸女学院中学受験対策コース:4,000円/月
  • オプション算数:16,000円/月
  • オプション国語:11,000円/月
  • 春期講習:30,000円
  • 夏期講習:62,000円
  • 冬期講習:45,000円

合計すると、1,235,000円/年になります。

塾講師の目から見ても、「娘は合格する」という強い信念(強迫観念?)がないと払えないお金です。

特に5年生はモチベーションが下がりやすい時期なので、中には月謝を払い続けるのに抵抗感を感じられる親御さんもいらっしゃいます。

6年生

本番の6年生は、やっぱり支払いが桁違いに大きくなります。

神戸女学院中学の受験を見据えたコースの開催回数も増えていくので、必然的に費用も上がっていきます。

教材費込みで概算すると、だいたいこれくらいになるでしょう。

  • 4科目基本コース:80,000円/月
  • その他諸費用:6,000円/月〜10,000円/月
  • 神戸女学院コース:25,000円/月
  • 神戸女学院コースオプション授業:25,000円/月
  • 春期講習:55,000円
  • 夏期講習:80,000円
  • 冬期講習:250,000円(直前対策)

合計すると、1,755,000円です。

正直なところ、金銭的にある程度余裕のある方でないと、かなりキツイ支払いになるのかもしれません。

まとめ

交通手段によりますが、交通費も含めるとおそらく5,000,000円は必要です。

仮に「神戸女学院中学合格」という結果を手に入れられなかったら、我々進学塾に対してやり場のない怒りを感じられる方もいらっしゃいます。

ある年には、塾の受付へクレームをつけに来られた親御さんもいらっしゃいます。

「クレームは筋違い」ではあるのですが、「塾はきちんと指導したのか?」という怒りも、ある意味人間の自然な感情ではあります。

神戸女学院中学の受験のブログ記事をまとめました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする