VETの今後や将来性をわかりやすく図解解説 【仮想通貨初心者】

Pocket

「仮想通貨VETの今後の展望は?」「VeChainの仕組みを超簡単に教えて」今話題の仮想通貨VETってかなり気になりますよね。そこで、仮想通貨の初心者向け超入門解説アルトコイン編の今回は、VeChainで使われる仮想通貨VETの今後の展望・将来性を、仕組みの超簡単解説とともにわかりやすく解説します。

VETの今後や将来性をわかりやすく図解解説 【仮想通貨初心者】

VeChainと仮想通貨VETの仕組みを超簡単に

仮想通貨VETは、VeChainというプラットフォームで使われる仮想通貨です。

インターネットの発達とともに商品が世界中を行き来するとともに、偽物を手にしてしまったという問題も後をたちません。

そんな問題を解決するのがVeChainというプラットフォーム・技術です。

VeChainを見れば、注文した商品が今どこにあるのかの信頼できる情報もわかります。

VeChainの利用に欠かせない商品情報は、最初に製品を製造・生産した段階でプロダクトIDを発行してQRコードを発行します。

この後、サプライチェーンに登場する会社(運送業者など)が、節目でQRコードを読み込むようにするだけで、VeChainに製品のリアルタイムの情報が反映される仕組みです。

このようにすることで、消費者がいつ製品を手にできるのか、今どういう状況なのかを把握できます。

また、生産者がプロダクトIDを発行して、その後を追跡できる仕組みにすることで、誤って偽物の製品を手にしてしまうことも防げます。

VETの今後・将来性

4月26日に更新します。

仮想通貨VETの取引所

気になる仮想通貨VETの取引所は、こちらの記事でまとめています。

今回のブログはここまでにします(随時更新予定)。

他にもアルトコインの記事を書いていますので、ぜひどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする