初対面の女性と会う時の服装はマネキン買いと店員のアドバイスで解決

Pocket

30代の非モテ男性「初対面の女性と会う時の服装はどうしたらいい?」そんな疑問に答えます。結論は「マネキン買いと店員のアドバイス」で、すべて解決します。

タダシ
タダシ
初対面の女性と会う時の服装?

マネキン買いと店員アドバイスで全然解決しますよ!

初対面の女性と会う時の服装

マネキン

マネキン買いと店員への相談で解決

「センスのある人の真似をする」で全て解決です。

マネキンは、そのお店のベストを店頭に飾るものです。お客さんの目を引きつける必要があるから、「ファッションセンスの粋」が集められています。

ファッションセンスがないなら、それを真似すればいいだけです。

一方で服装には、「似合う似合わない」があります。

そんなときには、可能であれば女性の店員を捕まえて「似合う服装を探してください」とリクエストします。

女性店員も「変なセンスだ」と思われたくないので、それなりに真面目に服を探してくれます。

ピカイチの服装を提案してくれることは稀でしょうが、ある程度自分に似合うまともな服を提案してくれるのは間違いないでしょう。

30代非モテ男性はファッションセンスがないと理解する

これまで服装なんかに関心を持ってこなかった30代非モテ男性が、慌てて服を探したところで、ファッションセンスは高まりません。

ファッションセンスなんて、そんなにすぐに成長しないからです。

むしろ自分にはファッションセンスはないと思って服を探した方が、店員さんにアドバイスを求めたり、マネキンを見たりして「頼ろう」と開き直れるのでおすすめです。

女性に好かれるのは清潔感

女性は男性に比べて「感覚(かんかく)」が行動に大きく影響を与えるので、「うぁ〜この人何かダメ」と思われると、どんなに素敵なことを言葉にしても、耳を貸してくれません。

そんな中で、男性が軽く見がちなのが「服装」です。清潔感といってもいいでしょう。

すごく目を引く服装をすればいいというわけではなく、「清潔に見える」のが重要なポイントです。

女性に嫌われやすいのが「おじさんっぽい服」「脂ぎって見える」「デブに見える」「お風呂はいってなさそう」「毛深く見える」あたりです。

これを逆に行けばいいわけです。

一言で表すなら「清潔感」ですね。

店員のアドバイス

店員にもいろんな人がいるので、服装のアドバイスを求めるのは店員なら誰でもいいというわけではありません。

女性と会うための服装ですから、アドバイスは女性にも止めた方がいいですが、僕のオススメは40代-50代の女性店員です。

若い女性店員だと親身になってくれる割合が低くなりますが、一方で年配の女性店員は落ち着いているケースが若い女性店員に比べて高くなります。

マネキン買い

マネキンはその店の顔なので、一番ハイセンスなファッション・今一番推しのファッションをまとっています。

それをそのまま真似するのもいいですが、女性店員に少しアドバイスを求めた上でマネキン買いをした方がいいです。

一番のハイセンスの服装が必ずしも自分に似合うとは限らないからです。

どんな服ならモテる?おすすめは?

僕が非モテから脱出するために使ったサイトは、「メンズファッションプラス」です。

洋服を買いに行くのが面倒だなぁっていうくらい出不精なのですが、かなり便利でした。

メリットは2つ「マネキン買いができる」「清潔感」です。

僕が重視したい「清潔感」が全面に出ているファッションな上に、ファッションに興味のない男性が苦手にする「コーディネート」をサクッとやってくれるのが魅力です。

コーディネートは要するに「洋服の組み合わせ」ですね。



メンズファッションプラス出典:メンズファッションプラス

男性の僕たちからみても、心地よさを感じますよね。

服を選ぶのが面倒なら、ランキング上位3つから、なんとなく良さげな服をサクッと選べば、時間もかからずに、女性に好感を持ってもらえる服をゲットできますよ。

服装だけなんとかすればいいと思うのは勘違いで、靴をおざなりにすると全部台無しになります。

靴までしっかりそろえましょう。

そんなに凝ったものは不要で、ABCマートのような駅前にある靴屋さんで店員を捕まえて、服装に合う靴を紹介してもらえばオッケイです。

ファッションの専門家に相談したいときは?

「ネットで即決できない」「コーデ(服装の組み合わせ)を専門家に相談したい」という方は、D collectionがおすすめです。

なんといっても、わかりやすくコーデを一通り理解できるように作られている上に、LINEで背門家に相談できるのが心強いです。

価格・安心感・オシャレ度◎のメンズ通販Dcollection

そのほか、自分の選んだ服を自分と同じ背丈の人が試着してLINEで送ってくれるので、「服を着てみた感じ」を具体的にイメージすることも可能です。

やはり「おしゃれな服でコーディネートした自分」を想像できるのは、非常に大きなメリットです。

着てみると「あれっ何か違う・・・」というのを、こういったメリットがカバーしてくれるのです。

まとめ

ファッションに疎い30代非モテ男性がいくら考えても、女性が好感を持ってくれる服装なんてイメージできません。

だから、マネキン買い・店員に相談・メンズファッションプラス・Dcollectionで「センスのなさ」をカバーするのが現実的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする