初対面の女性の好意のサインの見分け方!恋愛の心配はもうおしまい!

Pocket

難問中の難問。女性とのお付き合いに慣れていない30代非モテ男性にとって、「初対面の女性の好意の見分け方」は、どんな試験よりもむつかしい超難問です。今回は、僕の非モテ人生で身につけた、初対面の女性の好意の見分け方を紹介します。

初対面の女性の好意のサインの見分け方

好意のサインは「ある」

タダシ
タダシ
初対面の女性の好意のサインは、あります。

好意を持ってくれた女性は、言葉とか好意が少し変わるんです。

言葉とか行動には、その人の気持ちが出るからです。

30代の非モテ男性にとって、好意のサインを見つけるのはすごくむつかしいですが、僕の膨大な失敗談で、なんとなく感じとってもられればと思います。

(前提) 男性ほど直接的ではない

好きなら好きとはっきり言ってほしい。

男目線ならこんな感じですが、多くの女性はそんなにはっきり直接的に言ってくれません。

変わった言葉や行動から察するよりないのです。

じゃぁ、どんな風に変わるのか?それを以下で紹介します。

女性側から会話が始まる

女性側から会話が始まるケースが増えてくると、好感を持たれている可能性が上がります。

女性でなくても、興味のない人と話すときは、どうしても受け身になりがちですよね。

その逆ということです。

もし、女性側からの会話が増えてきたら、自分も積極的に(あまり踏み込まない範囲で)会話をしましょう。

質問が具体的になる

タダシ
タダシ
質問が具体的になると、男性のことを知りたいというサインです。

自分が女性側に立ったらイメージしやすいと思いますが、関心ゼロの男性に具体的な質問なんてしませんよね。

質問がやたらと具体的になった「仕事は何時ころ終わって、帰宅は何時ころか?」とか、「どんな服を買っている?」とか、場合によっては「月収いくら?」など😅

明らかにこちらに関心があるという証拠です。

視線が良く合う

感情は、言葉じゃなくても伝わります。

好意をもっているのを、視線で表現することだってあります。

不快感を持っている相手に視線を飛ばすことはないでしょうから、視線が良く合うときは、好意を持たれているかもしれません。

笑顔が増える

微笑んでいる時間が増えてきたら、好意を持たれているかもと思っていいです。

もちろん人間はうれしくなくても微笑んだり笑ったりできますが、目の周りは嬉しくないと笑えません。

つまり目と目の周りを見れば、本心が見えるんです。

だから、相手の女性がどう思っているかを知りたければ、しつこくない範囲で目と目の周りを見るようにしてみましょう。

自分のことを語り始める

タダシ
タダシ
女性が自分のことを語り始めたら、脈ありです!

相手の女性が自分のプライベートのことを語り始めたら、好意を持たれている証拠です。

中には自分のことを他人に語りたいタイプの女性もいます。

でも、相手に好意を持っていないのに、自分のことをいろいろ語る人はかなりの少数派ですから、「自分語り」を判断基準にしていいでしょう。

但し禁句なのは、意見をすることです。

女性は背中を押して欲しいのであって、丸だバツだの判断を求めていないのです。

これができると、女性の好感度がかなり上がります。

筆者もまだできていませんが😅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする