ゆにばーすはら詐欺メイクの見破り方は? コストはいくらで何分かかる?

Pocket

決して美人ではない容姿で売り出しているお笑いコンビ「ゆにばーす」のはらさんが、詐欺メイクの本を出版しました。男性的には「詐欺メークの見破り方」「どうやって見破るか?」が、女性的には「コストはいくら?」「何分かかる?」が知りたいので、まとめてみました!

ゆにばーすはら

芸能プロダクションのよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属している「ゆにばーす」は、川瀬名人(男性)とはら(女性)の男女お笑いコンビです。

川瀬名人の本名は川瀬拓郎さんで、コンビの役回りはツッコミ&ネタ作りです。

一方のはらさんの本名は、原佑希さんで、コンビではボケ役を担当しています。

今日の記事の主人公であるはらさんは、後ほど紹介する動画でもお分かりの通り、贔屓目に見ても美人な方ではありません。

ご自身もそのあたりは重々承知されていて、「逆にコンプレックスを個性にしよう!」という発想で、メイクのスキルを磨かれてきたそうです。

ちなみにメイク歴は、芸歴よりも長いとコメントされています。

詐欺メイク

名前の由来は明らかにされていませんが、ゆにばーすはらさんの、メイク前の顔とメイク後の顔があまりにも差がありすぎて、ご自身のメイクを「詐欺メイク」と呼んでいるようです。

今回発売された書籍でも、以下のようにBefore/Afterの様を見ることができます。

メイクのテクニックやBefore/Afterを知らない男性諸氏にとっては、まさに驚愕といえるでしょう。

見破り方は?どうやって見破る?

顔を間近でじーっと見たらある程度はわかるのでしょうが、他人の顔を至近距離でじっくり眺めるわけにも行きません。

すっぴんが本当に可愛いのかを見分けるコツは、いくつかあるので紹介してきます!

アイプチをチェック!

目の前の女性を美人と感じるかどうかのポイントの一つに、「目」があります。

とくに二重が美人に見えるのもあって、一重の女性はとくにアイプチをつかって二重を作ります。

なので、もともと二重か(=アイプチをがっつり使っていないか?)を見分けるには、以下のポイントに気をつけるといいようです。

下を向いた時にちゃんと目が閉じているか確認すること。アイプチをしているとまぶたが引っ張られて自然に目が閉じられません。あとは、アイプチはとれたり崩れたりが気になるので、異常なほど頻繁に鏡で顔をチェックしている女性は怪しいかなって思います。

出典:Smartlog

男性には気づかないポイントですね。

おもわず、「なるほどー」と言ってしまいます。

異様に白くないか?

一般的に、彫りが深い顔は美人に見えます。

その点を突いて、お化粧でも「彫りが深く見えるようにする」工夫があります。

茶色のシャドウや白のハイライトを使って顔に陰影を作るとホリが深く見えるんです。だからメイク外すと顔の凹凸が消えて、のっぺりした“しゃもじ”みたいな顔に激変してしまう

出典:Smartlog

出っ張らせたいところの周辺に暗い色をぬったり、目立たせたいところを薄い色にすれば凹凸がいい感じになるんですね。

鼻筋の付近に異常な影があったり、おでこや顎、鼻が肌の色より明らかに白いと、「この人、凹凸作ってるな」ってなりますね。

出典:Smartlog

だから、出っ張っているべき鼻がやたら白かったり、鼻筋付近がやけに濃い色の化粧が塗られていると、凹凸を作っている可能性が高いということですね。

眉毛が塗り絵のように描かれていないか?

目や眉毛は、美人に見せるためのポイントになる化粧どころです。

なので、女性心理的には眉毛を化粧して可愛く見せたいでしょう。

一方で眉毛は、生まれつき持った体質のようなものなので、加工が難しいでしょう。

なので、眉毛を剃ってしまう女性もいるようです。

ハッキリした眉毛の子が、いざメイクをとったら眉毛が薄かったり剃ってて無かったり。塗り絵のように書かれた眉毛の女性は、外すと眉無しの可能性があります。

出典:Smartlog

つまり男性目線としては、眉毛が「人工的か?」と思えるほどキレイな場合は要注意ということでしょう。

素肌をキレイにする習慣があるか?

女性目線でも見分けにくいそうですが、日常生活についてのコメントに見破るヒントが隠されているようです。

若い頃から日サロとか海で日焼けしてる女の子は、ファンデをとるとシミだらけ、みたいなことはありますね。あと、夜更かし常習犯の子。肌が荒れている可能性大ですね。

「化粧したまま寝落ちした〜」みたいな話を聞くと、肌荒れてるかも?とか少し思っちゃいますね

出典:Smartlog

「いや〜、最近徹夜続きでさぁ・・・」なんて話が頻繁に出てくる女性は、お肌が少々お荒れ気味の可能性が高いんですね。

まぁ、それは女性に限った話ではないでしょうけどね。

まめに日焼け止めを塗っているか?

ここまで見てきたように、美しさを保つのは結構めんどくさいようです。

そんな中、面倒臭い事をきっちりやっているかどうかは、その女性の美意識が垣間見れるようです。

めんどくさがらずに日焼け止めを塗っている女の子は、メイクをとってもきれいな美白だし、その子の美意識がすっぴんに反映されるのかもしれません。

出典:Smartlog

男性もそうですが、格好よさ・スタイルの良さ・体型の良さなどの外見は、面倒臭がらずに手入れしないと維持できないですし、そこに本人の姿勢が現れるんですね。

詐欺メークのコストはいくら?

お化粧品に何を揃えるかにもよりますが、以下の実演動画を見たらよくわかる通り、尋常じゃない量のお化粧を使います。

以下で年代別のお化粧代一覧をまとめてみましたが、詐欺メイクをしようと思ったら、物量一つとっても1.2倍から1.5倍くらいは見ておいたほうがいいかもしれませんね。

年代別女性の化粧代

出典:Milize

20代の女性で1ヶ月3万円かけていた化粧代を1.5倍したら、4.5万円。

毎月5万円近くを化粧代に充てるのは、楽な出費ではありませんね・・・。

詐欺メイクは何分かかる?

詐欺メイクの動画リンクをいかに貼っておきますが、前述の書籍レベルに変身しようと思ったら、かなり時間がかかるようです。

まずは目元のメイク。ぱっちり二重を作るために、接着力の強いのりを使用。究極の仕上がりを目指すために20~30回繰り返していた。これに1時間かかっている。その後1時間半かけて、ダーク系のチークで立体感を出し、重ね付けリップで唇を色鮮やかに塗って仕上げる。しかし、これだけでは終わらない。メイクを終えた後は、「奇跡の1枚」を求めてカツラやアングルを変えて、約1時間かけて200枚近く自撮りをするという。

出典:livedoorニュース

メイク歴が長く、洗練されたテクニックをお持ちのゆにばーすはらさんでも、2時間30分かかるんですね。

会社員の女性が毎日化粧をするのに2.5時間もかけてられませんが、変身しようと思ったらそれくらいの心意気じゃないといけないんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする