津市課長を買春容疑逮捕で通報したのはどこのホテル?余罪や常習犯の可能性は?

Pocket

津市課長藤田伸行容疑者が、売春目的の10代少女(制服姿)と入ったホテルが通報したことがきっかけになり、買春容疑(児童買春ポルノ禁止法違反)で逮捕されました。「どこのホテルが通報したのか?」「余罪や常習犯の可能性はあるのか?」についてまとめました。 

藤田信行津市課長が買春容疑逮捕

買春経験者?

津市市役所の課長が、10代少女と知りながら買春をしたとして、「児童買春・ポルノ禁止法違反」の容疑で逮捕されました。

取り調べで容疑者は、以下のように述べています。

「間違いありません」と容疑を認めている。

出典:毎日新聞

市役所の課長がどうやって10代少女と接点を取ったのか不思議ですが、以下のような手法を使っていたことが明らかにされています。

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で知り合ったとみられる。

出典:毎日新聞

津市市役所の課長が、10代少女とホテルへ行くことを約束できる時点で初めての経験ではないことが垣間見えます。

10代少女も売春経験者?

知らない男性とSNSを通じてホテルへ行く約束ができる10代少女も、経験者である可能性が高いです。

普通は気持ち悪いとか、怖くて会いにいけないものだからです。

ちなみに、発覚に至ったのは、ホテル側からの通報だそうです。

ホテルから「中年男性と制服姿の少女が入室した」という連絡を受けた亀山署の警察官がホテルに向かう途中、中年男性が運転する車を発見。追跡したところ、女子生徒を車から降ろして走り去った。警察官が女子生徒から話を聞き、藤田容疑者が浮かんだという。

出典:朝日新聞

このように、課長を逮捕する前には、少女にも聞き取りをしているので、報道内容はおそらく事実でしょう。

余罪や常習犯の可能性は?

メディアの報道やSNSを見る限り、余罪や常習犯の可能性に関する具体的な記載はありません。

ただ、あまりにも堂々と10代少女を携えてホテルへ消えていったことを考えると、ロ○コンの嗜好を持った課長の可能性があり、余罪・常習犯の可能性も考えられます。

通報したのはどこのホテル?

ホテルはなぜ通報した?

こういった類の事件が発覚するのは、大抵男性側か女性側から情報が漏れたことがきっかけになります。

ところが今回は、利用したホテルの通報がきっかけで逮捕に至っています。

ホテル側としては利用客の確保・増加が、ビジネスのためには欠かせませんが、さすがに見逃せなかったのでしょう。

利用客の性的嗜好は様々なので、中には女性に制服姿をさせたりする客もいるでしょう。

ホテル側が利用客本人に問いかけることなく通報したということは、10代少女の容姿が明らかに未成年っぽく見えたのでしょう。

ネット上では「ホテルGood Job!」といった賞賛の声が上がる一方で、なかにはこんなツッコミを入れている人もいました。

ホテルとしては、しっかり利用してもらってから、逮捕されてくださいということだったのでしょう。

でも、なぜホテルは通報したのでしょうか?

ホテル的には通報する法的な義務はないはずなので、今回のような違法行為の温床になることを避けたかったのでしょう。

どこのホテルが通報した?

メディアの報道では、地域までは明らかにされていますが、詳細なホテル名までは報道されていません。

三重県亀山市内のホテルに18歳未満と知りながら少女を連れ込み、

出典:中京テレビ

<三重県亀山市の位置>

三重県亀山市

容疑者のホテルの利用目的を考えると、一般ホテルを利用することは考えにくいので、ラ○ホテルが舞台になったと考えるのが自然でしょう。

Google mapで「三重県亀山市 ラ○ホテル」と検索すると、以下がリストアップされました。

  • 三重チャペルココナッツ
  • ホテルリスボン
  • ホテルオーラ
  • 三重CHAPEL PLANETS
  • ホテル サリ 関インター店
  • 愛愛愛(あいさんさん)
  • DOKIDOKIリトルプラネット
  • ホテルMIO関

これ以上の特定は困難ですが、舞台になったホテルがこの中に含まれているかもしれません。

容疑者にとっては、いろんな意味で印象深いホテルになったことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする