トランプ大統領が北朝鮮に敬礼はどういう意味? 今後どうなる・大炎上は必至!

Pocket

北朝鮮の最高指導者金正恩と世紀の会談をしたトランプ大統領が、少々勇み足をしてしまいました。北朝鮮の軍人に「敬礼」してしまったのです。敬礼はどういう意味・意図・戦略・考えで、今後どうなるのか・大炎上は必至かをまとめました。

トランプ大統領と北朝鮮

長年敵対関係にあったアメリカ合衆国と北朝鮮の、両国首脳が18年6月12日にシンガポールで世紀の会談を行いました。

事前に金正恩委員長が、実質的な後ろ盾である中国へ自ら出向き、なにやら会談していたので、おそらく相当な根回しが、アメリカ側も北朝鮮側もあったことは容易に推察できます。

公式に発表された会談の成果が曖昧なものだったため、単なるパフォーマンスだったのでは?と見る向きもあります。

実際に、こんな指摘が出ています。

「共同声明に非核化に向けた具体的な行動や期限が盛り込まれていない」として、成果を疑問視する声も

出典:NHK

ただ、いずれにしても、アメリカの大統領と北朝鮮のトップが会ったというのは、画期的な出来事でした。

北朝鮮軍人への敬礼の意味

トランプ大統領と北朝鮮国内放送

トランプ大統領も金正恩委員長もなかなかの曲者なので、パフォーマンスの側面も否定できません。

実際、トランプ大統領は早速「北朝鮮の核の脅威は、もはや完全になくなった」と発言しています。

日本国内でも、北朝鮮の笑いたくなるほど誇大な放送はしばしば報道されますが、おそらく今回の会談でも、「アメリカを黙らせたぞ!」的な報道が北朝鮮国内でされているだろうと推測していました。

調べてみると、パフォーマー的な側面も持ち合わせているトランプ大統領が、早速おイタをしてしまっていました。

北朝鮮軍人に敬礼!

この写真を見て下さい。

トランプ大統領が北朝鮮軍人に敬礼!

出典:J-CAST

北朝鮮軍人は、まさかアメリカの大統領が敬礼するなんて思っていないので、握手をしようと手を差し出しています。

一方のトランプ大統領は、その手に目もくれずに「敬礼!」をしています。

ど真ん中に写っている金正恩委員長は、「あらら、敬礼しちゃってるよ(笑)」って感じの眼差しで、トランプ大統領を見ています。

今後どうなる?大炎上は必至?

敬礼の意味

解釈は国によって様々ですが、「相手に対して敬意を示す」という意味が込められているのは間違いありません。

前大統領のオバマやジョージ・W・ブッシュが、軍人に対して敬礼しているのは、よく見かける光景です。

野党民主党の反発・大炎上は必至?

早速、メディアから反発・炎上が始まっています。

「独裁政権に対して敬意を表するような行動だ」などと批判しています。

出典:NHK

至極真っ当な指摘で、普通の人が見たら、そう解釈するでしょう。

一方で、あのトランプ大統領です。

かるーい気持ちでいろいろ発言されますし、パフォーマンスも然りです。

ホワイトハウスのサンダース報道官は14日、記者会見で「他国の軍人が敬礼した際、同じように敬礼することは通常の儀礼だ」と述べ、特別な意味はなかったと反論しています。

出典:NHK

公式発表は真っ当に聞こえる言い訳ですが、トランプ大統領は「パフォーマンスでやっちゃった」というのが正直な気持ちでしょう。

ただ、常識で考えると違和感満載の行動なので、野党民主党からの大反発・炎上は必至でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする