中小監査法人への就職のメリットは?会計士が中堅へ転職で目的と狙いは?

Pocket

会計士が中小・中堅監査法人へ転職するとき、狙いを何に定めてどんな目的を持って就職すべきでしょうか?中小・中堅監査法人への転職のメリットとともにまとめました。







中小中堅監査法人への転職のメリット

自由時間を取れるし報酬も程よくある

独立開業したら、資金面の不安は付きまとう一方で「やらないといけないこと」は膨大にあります。

本音を言うと「準備期間がほしい」ですよね。

だったら、中小中堅監査法人への転職を考えましょう。

「マネージャー以上での転職」という条件は付きますが、ある程度の報酬がもらえて時間の融通もつくのは、独立を目指すなら大きな魅力です。

もちろん、「フリーな時間を差し上げますよ」と勤務先が言ってくれるわけではないので、自分で日程の調整をして、ひそかに自由な時間を確保する必要はあります。

大手だと、パートナーやディレクターがうなるほどいるので、なかなか自由時間を確保しにくいですが、中小中堅では大手ほどパートナーはいないので、自由を確保できる余地は広がります。

ちなみに、スタッフとして入社するなら、自由時間は望みにくいでしょう。

まずは中小中堅監査法人で、マネージャーになることを目指しましょう。




嘱託非常勤会計士がいる

独立したての会計士は、収入源が心もとないこともあって、中小中堅監査法人で非常勤として働くケースが一般的です。

日々なんとなく過ごしている非常勤会計士もたくさんいますが、中には非常勤を「本当に一時的」と捉えていてアンテナが高い系の方もいらっしゃいます。

話好きな方なら、近くにいて彼の話を聞いておくと、目の付け所とか👀が大変参考になるので、自分の将来に役立ちます。




中小中堅監査法人への就職の狙いと目的は?

転職の目的や狙いといった方針がブレると、いたずらに時間が過ぎていきます。

大きく分けると、「出世を狙うのか?」「独立開業を視野に入れるのか?」のどちらかを早く決めましょう。

出世を目指すのか?(目的1)

出世を目指すのなら、方向性は大手のときとほぼ同じです。

仕事上で何らかのシクジリがあると、出世に響きます。

また、出世は「下からの評価」は関係なく、「上司の評価」だけを気にしていればいいです。

引き上げてくれるのは部下ではなく、上司だからです。

だから、以下の方針で動きましょう。




独立開業を視野に入れる(目的2)

独立開業を視野に入れるのなら、「自由時間確保」と「情報の収集」の2つを重視しましょう。

まず時間確保は、「自由が効くアサイン」を少なからず確保しておき、それを自分の独立開業準備にあてるのです。

電話やメールは来るでしょうが、対応すべき時間を自分で決めておき、リアルタイムでは反応しないようにしましょう。

時間はいくらあっても足りませんから、自分で意識を持っておかないと、時間は知らず知らず過ぎていきます。

次に情報収集ですが、以下のことを考えておきたいですね。

「人脈作り」で自信がないのなら、自分のメディア(SNS・ブログ)を持っておきましょう。

自分が仕事をしている時に、自分に代わって営業活動をしてくれます✌️




転職は大手監査法人の方がいい?

大手監査法人の方が「さまざまな仕事を経験する機会がある」のはたしかですが、「それが独立開業に活きるのか?」は別問題です。

狙いや目的がブレるとメリットもデメリットに変わりうるので、まずはそこをしっかり決めましょう。

独立開業を目指すのなら、「個人」「融通」といったところで大手監査法人に勝ります。




目的があれば中小中堅監査法人への転職がベスト

つまり、「独立開業」という明確な目的があるのなら、中小中堅監査法人はかなりオススメです。

「お金をもらいつつ、自由時間を確保しにいく」

これができる環境は、そんなに多くないですから、独立開業前に「中小・中堅」をワンステップとして加えるのもいい考え方ではないでしょうか?

会計士の転職の関連記事

【会計士転職記事一覧】をご覧ください。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする