ブロリー映画の感想とあらすじをネタバレ!評価・レビューを徹底解説

Pocket

ドラゴンボール超劇場版『ブロリー』を見てきましたが、悟空・フリーザ・ベジータ(4世,四世)も大活躍で強さも含め評判どおりみどころ満載の映画でした!ブロリーもかっこいいです!疑問や矛盾でストーリーが面白くない・つまらないの評価・レビューもありますが、気になるあらすじや結末を感想とともにネタバレ徹底解説です!







ドラゴンボール超の映画最新版

2018年12月14日から公開の、映画「ブロリー」。

公開とともに、早速見てきましたので、徹底解説します。

内容はてんこ盛りなので、随時更新していきますが、ネタバレ注意でお願いします!

映画ブロリーチケット




復活のFに続いて鳥山明が脚本!

ドラゴンボール超ブロリー

出典:公式予告動画

大好評だった前作の映画「復活のF」に続いて、原作者の鳥山明氏が今回も脚本を務めることになりました。

主人公は、20数年ぶりに登場する「ブロリー」です。

数少ない生き残りのサイヤ人として、たくさんの逸話があるはずです。

本作では、そんな逸話の数々が明らかに?

ドラゴンボールシリーズの時系列は?

ドラゴンボールシリーズは、元祖の無印から始まって、ZやGT、改、超などたくさんのシリーズがあります。

それぞれの話はどんな関係なのか、シリーズの時系列や時間軸をまとめています。

幅広い世代に大人気アニメのドラゴンボール超シリーズは、Z,GT,超(スーパー),改,とストーリーにいくつかのタイトルがあり、劇場版映画(神と神、復活のF、ブロリー:続編)も加えると時間軸・世界観や関係が複雑です。そこでドラゴンボールシリーズと劇場版の時系列の流れや関係・違い・矛盾点をまとめました。




登場人物

映画「ブロリー」に登場する、知っておきたいキャラクターを紹介します。

ブロリーはやっぱりかっこいいし強さがハンパない!

ブロリー

出典:公式予告動画

言うまでもなく、本作の主人公です。

ベジータや孫悟空(カカロット)とほぼ同じ時期に、生を受けたサイヤ人です。

一番強いサイヤ人のブロリー。ファンの間では最強戦士ではないかと評価されていますが、強さの実際はどうなのでしょうか?映画の前にブロリーのゴッドやフルパワーの戦闘力・ベジータや悟空との比較、ブロリーの変身前の画像、声優は誰かについても知っておきましょう。

制作担当者も語っていますが、「カカロットやベジータを上回るのでは?」とされる超絶的な戦闘力も「映画ブロリー」を見る前にチラッと覗いておきましょう。

劇場版映画ドラゴンボール超の「ブロリー」の強さは最強サイヤ人で、戦闘力は14億!悟空・ベジータ・新ブロリーの戦闘力や復活フリーザの強さ、ゴジータブルー(超サイヤ人ブルー)やあらすじのネタバレ並み予想、最新情報予告動画や最新の強さ比較ランキングで強いのは登場人物の誰かもまとめました!主題歌の情報も盛り込んでいます!

ベジータ四世

カカロットとベジータ

出典:公式予告動画

ドラゴンボールシリーズが進むにつれて、孫悟空の「敵」から「好敵手」へと立ち位置を変えてきたベジータ。

サイヤ人の王子であるがゆえの誇り高さからくる名言や強さなども、事前に知っておきたいですね。

ドラゴンボールの映画「ブロリー」のベジータは、悟空とともにかっこいいと人気です。悟空やフリーザとどっちが強いのか、強さに加え声優は誰で子供(トランクスやブラ)が気になります。ブルーやゴッド、印象的なセリフ・名言とともに特集しました!




フリーザ

復活フリーザ

出典:公式予告動画

悪役中の悪役のフリーザ。

数度の変身に加えて、復活したフリーザの超絶的な強さは見ものです。

悟空やベジータの悪役で名高いフリーザ。ドラゴンボールの映画「ブロリー」でも復活した姿を披露します。名言や技、そして父は誰なのでしょうか?バイキンマン(ばいきんまん)で有名な声優さんが担当しているユニークキャラな上に、何度か形態変身するので、人気ランキングとあわせてまとめました。




ゴジータが登場!

ゴジータ

出典:公式予告動画

ブロリーがあまりに強すぎるので、孫悟空(カカロット)とベジータはフュージョンで対抗します。

しかも超サイヤ人ゴッド超サイヤ人(超サイヤ人ブルー)になるという、大注目のシーンが見られます。

予備知識がこちらでまとめています!

ドラゴンボール映画「ブロリー」にゴジータが出てきます。「どちらがベジット(違い)」「どっちが強い?」が気になります。「強さ・戦闘力」の視点で、フュージョンキャラのゴテンクスとどっちが強いのか比較しました。そして「ゴジータとは?」に合わせて、イケメンのゴジータブルーの技やかっこいい画像などもまとめました。




劇場版ブロリーを徹底解説!あらすじをネタバレで!

コルド大王が引退を宣言!

物語は、41年前の惑星ベジータから始まります。

惑星ベジータへ、コルド大王たち一味がやってきました。

サイヤ人たちは、コルド大王たちの圧倒的戦力・戦闘力には叶わないので、無理やり服従させられています。

サイヤ人たちを一堂に集めて、コルド大王は引退を宣言し、合わせてフリーザが跡を継ぐことを公表したのです。

フリーザとコルド大王

出典:公式予告動画

驚くサイヤ人たちを前に、フリーザが自分よりも冷徹・残酷であることをみなに周知させます。

ベジータ王がブロリーを妬む

フリーザ一味が帰ったあと、ベジータ王は息子ベジータの優秀な潜在能力にあらためて惚れ込みますが、スタッフがベジータを超える潜在能力をブロリーが持っていることを告げます。

妬みの感情をコントロールできないベジータ王は、パラガス大佐の息子ブロリーを、辺境の星バンパへ派遣することを決断します。

辺境の星を開拓して高く売る業務は、本来は下級戦士の役目であり、ブロリーのようなエリートが担当する業務ではありません。

ベジータ王が妬んでいることを感じとったパラガス大佐は、すでに息子ブロリーが飛ばされたポッドのあとを追うべく、宇宙船へ乗り込みます。

パラガス

出典:公式予告動画




惑星バンパから帰られなくなったパラガス大佐とブロリー

ブロリーが先に惑星バンパへ到着していましたが、そのあとにパラガス大佐も惑星バンパへ到着します。

しばらく探し回った後、ともにやってきたスタッフが、フリーザから与えられていたスカウターで戦闘力が既に920に達しているサイヤ人を見つけます。

それがなんと幼少のブロリーだったのです。

無事にブロリーを見つけたパラガス大佐は、惑星ベジータへ戻ろうとしますが、宇宙船が故障してしまっていました。

そこで同行してきたスタッフを殺した後、ブロリーとともに惑星バンパで生活することにします。

追放されたブロリー

出典:公式予告動画




フリーザはサイヤ人を絶滅させた

場面は5年後の惑星ベジータへ切り替わります。

フリーザは、すべてのサイヤ人へ惑星ベジータへ集まるように命令します。

引っかかることを感じていたバーダック(孫悟空の父)でしたが、惑星ベジータへ戻ります。

バーダック

出典:公式予告動画

バーダックは、惑星ベジータへ戻る途中で、フリーザが乗った宇宙船がなぜか惑星ベジータへ着陸せずに、宇宙に待機していることを目の当たりにし、ますます疑念を深めます。

「フリーザは何か悪企みをしている」と。

読みは当たっていて、フリーザは宇宙船の中で「星ごと消えて頂く、絶好の機会じゃないですか」と放言するのです。

疑念をますます深めたバーダックは、他のサイヤ人から「フリーザ一味は、スーパーサイヤ人のことを聞き回っている」ことを聞きつけます。

そこで、フリーザが超サイヤ人の出現を恐れていることを察知します。

自らも惑星ベジータから逃げることを妻から提案されますが、「戦闘力が高いから、すぐにフリーザに気づかれてしまう」と却下します。

そして息子の下級戦士カカロット(孫悟空)を、戦闘力も文明も低い地球へ飛ばすことにします。

地球へ旅立つカカロット

出典:公式予告動画

そしてついにフリーザは、巨大なエネルギー玉を惑星ベジータへ衝突させて、抵抗したバーダックとともに、惑星ベジータは消滅してしまいました。

惑星ベジータを破壊するフリーザ

出典:公式予告動画

ベジータは?

フリーザの帰還命令を無視していたベジータと弟ラディッツは、惑星ベジータ消滅の影響を受けずに、無事でした。

ベジータたちは、スカウターで惑星ベジータが消滅してしまったことを聞かされます。

ここで場面は、現代へと時計が回ります。




ドラゴンボールをフリーザ一味に盗まれた!

孫悟空とベジータが、訓練中のシーンに場面が変わります。

破壊神ビルスと付き人ウイスは、のんびりくつろいでいます。

そんなさなか、ブルマは息子のトランクスからドラゴンボール6つが盗まれたことを聞かされます。

防犯カメラで「パパと同じ服を着た人(戦闘服)」が盗んで行ったことを知らされ、悟空とベジータは、ブルマとともに残りの1つが眠る氷の大陸へ向かうことにしました。




フリーザがブロリーを配下に

サイヤ人を絶滅させてしまったフリーザは、戦力増強のために強い戦士を全宇宙中から集めるよう指示を出していました。

そんなスタッフの一人チライとレモは、ひょんなことから惑星バンパの存在を見つけて着陸します。

そこには、長く帰ることができなかった年老いたパラガス大佐と、若きブロリーがいました。

パラガス大佐の戦闘力4,200と、計測不能の戦闘力を持つブロリーを見つけて嬉々としたチライとレモは、ブロリーとパラガス大佐を連れて、フリーザの宇宙船へ向かいます。

サイヤ人を絶滅させたのが実はフリーザだと知らないパラガス大佐は、フリーザへ忠誠を誓い、「何としてもベジータ王へ復讐したい」と要望を伝えます。

復讐心をかき立てたいフリーザは、ベジータ王の息子ベジータ(ベジータ四世)が、カカロットともに地球で生きていることをパラガス大佐とブロリーへ伝え、ともに地球へ向かいます。

無事に7つ目のドラゴンボールを集めたスタッフやフリーザ・ブロリーと、氷の大陸へ到着した孫悟空(カカロット)・ベジータが一堂に会します。

カカロットとベジータ

ブロリー

出典:公式予告動画




ブロリーvsベジータ

ブロリーの存在を知らないふたりでしたが、ここでブロリーとの戦闘が始まります。

まずは、ベジータとブロリー。

これまで、人間たちと戦ったことのなかったブロリーですが、ベジータとの戦いで即座に戦い方を身につけて、リアルタイムで成長していきます。

どんどん実力を上げていくブロリーに驚いたフリーザは、超サイヤ人→超サイヤ人ゴッドへと変身しますが、すぐにブロリーはキャッチアップします。

超サイヤ人ゴッドベジータ

出典:公式予告動画

そこで孫悟空が、「今度は俺とやろうぜ!」と声をかけて、ブロリーvsカカロットのシーンへと変わります。




ブロリーvs孫悟空

ブロリーは、孫悟空との戦いでもどんどん実力を上げていきます。

最初は孫悟空有利な戦闘でも、すぐにキャッチアップを果たします。

ベジータと同じく、ゴッドへ変身してブロリーに対峙しますが、すぐに互角・劣勢へと追い込まれます。

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人カカロット

出典:公式予告動画

ブルーへ変身するとブロリーが劣勢へ追い込まれますが、ここでフリーザは禁じ手を使います。

ブロリーの父パラガス大佐を、その場で殺してしまい、「ベジータたちに殺された」とブロリーへ告げたのです。

その様を見たブロリーは、平常心を失います。

ブロリー3

出典:公式予告動画

ブルーでも劣勢に追い込まれる孫悟空を見かねたベジータは、加勢します。

ビッグバンかめはめ波1

ビッグバンかめはめ波2

出典:公式予告動画

それでもなかなか優勢に持ち込めない二人は、ピッコロからの連絡を受け、瞬間移動でピッコロの元へ避難します。

すでに我を失っているブロリーは、フリーザへと襲い掛かり、ゴールデンフリーザとブロリーの戦いも始まります。

復活フリーザ2

出典:公式予告動画




ブロリーvsゴジータ

このままではブロリーに勝てないと悟った孫悟空は、ベジータに対してフュージョンを提案します。

プライドの高いベジータは当初は難色を示しましたが、最終的に同意し、フュージョンします。

指がズレたり、角度がズレたりして2回間抜けな変身を繰り返した後、ゴジータへのフュージョンを果たします。

ゴジータフュージョン

出典:公式予告動画

再びブロリーの元へもどったゴジータは、ブロリーとの戦闘を再開します。

戦闘の中でゴジータは、ゴジータブルーに変身し、戦闘を優勢に進めていきます。

ゴジータ

本作の戦闘シーンでは、ブロリーがスーパーサイヤ人フルパワーに変身することを見ることもできます。

超サイヤ人ブロリー

出典:公式予告動画

徐々に戦闘がブロリー不利に傾いていくことを感じ取ったフリーザ軍配下のチライとレモは、ドラゴンボールで神龍を呼び出し、ブロリーを惑星バンパへ飛ばすことを頼みます。

まさにゴジータブルーの必殺攻撃を受けようとしたその瞬間に、ブロリーは惑星バンパへと飛ばされます。

そんな感じで、戦闘は急遽終わりとなり、フリーザも「また来ますよ」と言い残して地球を去っていきました。




ストーリーの気になる結末は?

最後は、ゴジータが有利なままトドメを刺そうとしたところへ、シェンロンがブロリーを惑星バンパへ飛ばしてしまいます。

瞬間移動へ惑星バンパへやって来た孫悟空は、ブロリーたちにブルマからの生活用品・宿泊場所を差し入れて、またやってくると言い残して、地球へと帰っていきました。

ゴジータはもちろん、ゴールデンフリーザもブロリーも誰も亡くなっていません。

おそらく、「続編の映画があるのでは?」と思えるようなエンディングでした。

2020-2021年あたりに、続編の映画が公開されるかもしれませんね。




みどころと感想は?

やはり、ブロリーの凄まじい強さとゴジータブルーの迫力ある戦闘シーンでしょう。

今回は4Gを見ませんでしたが、普通バージョンでも十二分に戦闘シーンの凄さを堪能できます。

ストーリーに後日談がありそうな終わり方も憎いですが、サイヤ人の過去と絡めてブロリーの成長記録や素朴な人柄にも触れています。

戦闘シーンだけではない人間味にもフォーカスしている、物語の奥深さはかなりの魅力です。




おもしろくない・つまらない評価レビューはおかしい?

いやー、おもしろいでしょう。

戦闘シーンのスケールの凄さと、ブロリーの人間性にも触れる暖かいシーン、フリーザの残虐極まりないシーンなど、「戦闘モノ」の物語にありがちな、「戦闘オンリー」のアニメとは一線を画しています。

何度見ても、見所の多い映画なので、「おもしろくない」「つまらない」という評価は的外れでしょう。




疑問・矛盾は?

バーダックがやさしい父親?

映画の途中で孫悟空の母親ギネが「家族を思うなんて、サイヤ人の男らしくない」というセリフを述べます。

そのとおり映画ブロリーでは、孫悟空(カカロット)のことを思う父親像が色濃く出ています。

過去のシリーズではサイヤ人の男の特徴である冷徹さを兼ね備えているバーダックが、本作では人間味溢れるキャラクターに変化しています。

バーダックと妻

出典:公式予告動画

悟空が地球へ来た年齢が原作と違う

原作では、悟空が地球へやって来たのは赤子のときでした。

ところが映画ブロリーでは、サイヤ人の戦闘服をまとった幼児に成長した時点になっています。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする