猛暑対策に必須のおすすめグッズは?涼しく過ごすために欠かせないアイテムまとめ!

Pocket

尋常じゃない猛暑が続いているので、暑さ対策・熱中症対策は欠かせないでしょう。涼しく・ひんやり過ごすために欠かせないおすすめグッズやアイテムをまとめました。

猛暑対策は欠かせない!

尋常じゃない暑さが、日本列島を覆っています。

特にここ数日は、30度後半がざらになってきて、「今日の最高気温は37度です」とテレビで言われても、「ふぅ〜ん」といった感じで、特に驚かなくなってきました。

とうとう、最高気温が40度を超えた地域も出てきました。

体温が40度になったら命の危険に関わるのに、外気が40度です。

これはもう狂気の沙汰というよりありません。

「熱中症対策を!」「不急の外出は控えて!」といった報道がなされている一方で、仕事が気になる方もいるのでしょう。

ついつい畑仕事を始めてしまい、そのまま意識を失って命を落としてしまうという事態も発生しています。

亡くなっているのは高齢者だけではありません。

このほかにも、教師の行動に首を傾げたくなるような不可解な行動がきっかけで、小学生が体調不良を起こした事故も発生しています。

きっと、小学生の命を危険にさらしてまで、炎天下で人文字を作らないといけない理由が教師の方々にはあるんでしょう。

そう思いたくなるような一件です。

必須のおすすめグッズ・アイテムで涼しくひんやりを!

さて、ここからが本題です。

あまりの暑さで体調を崩してしまわないように、もはや涼しい・ひんやりグッズ・アイテムは必須でしょう。

ここでは、おすすめのグッズ・アイテムを紹介してきますね。

まずはコンビニで冷えたペットボトルを

外出するときは、コンビニで冷えたペットボトルを買って、首に当てておきましょう。

冗談みたいですが、これが意外と効きます。

マイナス20℃のジェット冷却!服の上から体を冷やすスプレー

あまりの暑さで注文が殺到しているのでしょう、在庫切れを起こしています(苦笑)。

熱中症対策スプレー

出典:アマゾン

制汗スプレーと仕組みは同じなのでしょうが、服の上からかけてしかも効果があるというスグレモノです。

かけると、確かにひんやり感がじわっと広がりました。

えりもとひんやりシート

首の近辺を冷やすとひんやり感が味わえるという、人体の特徴に注目したアイテムです。

金額的に手軽な割に、涼しさ・ひんやり感も手軽に味わえるという、オススメの一品です。

えりもとひんやりシート

出典:アマゾン

首もと氷結ベルト

発想は、えりもとひんやりシートと同じです。

ゲルが二個入っているので、長持ちもします。

ひんやり氷結ベルト

出典:アマゾン

USB充電式扇風機

街中を、女子中高生が持ち歩いているのを見かけます。

センスやうちわで扇ぐと、体力を使って逆に暑くなったりします。

一方これは扇風機なので、体力を使わずに体を冷やしてくれるというグッズです。

USB充電型扇風機

出典:アマゾン

ひんやり日焼け止めスプレー

制汗スプレーなら無数にありますが、ひんやり感をくれる上に日焼け止めにもなるという、超スグレモノです。

ひんやり日焼け止め

出典:アマゾン

早速使って見たところ、「おぉ〜、これはきたぁ〜」って感じの感覚がなんともたまりませんでした。

瞬間冷却剤

こんな猛暑の日は外出を控えたいですが、そういうわけにも行きません。

そんなときは、この「瞬間冷却剤」を使いましょう。

瞬間冷却剤

出典:アマゾン

その名の通り、まさに瞬間で冷やしてくれます。

暑い炎天下を歩かないといけない時で、意識が少し朦朧とし始めたら、これをサッと取り出して、首やおでこに添えましょう。

効果覿面です!

Crazy Cool

制汗スプレーの一種ですが、何と言ってもかけた後の効果長持ち感が半端ないのが魅力です。

かけると常にひんやり感が味わえるのは、他の追随を許しません。

crazy cool

出典:アマゾン

クールコアタオル

ここまでの商品は、少し冷やしている感が他の人から気づかれてしまいます。

一方のクールコアタオルは、ぱっとみぃは「ただのタオル」です。

でも、巻いてみると、きもちいぃ感じのひんやり感が味わえます。

クールコアタオル

出典:アマゾン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする