沖縄県知事訪米の横槍は安倍首相か外務省?米高官面談妨害の犯人は誰?

Pocket

沖縄県知事の玉城デニー氏が、米国防総省の高官や国務省高官への面談のために訪米しましたが、面談は実現していません。安倍首相や外務省・鑑定が横ヤリを入れて妨害したのではとの疑惑が聞かれますが、犯人は誰でしょうか?








玉城デニー沖縄県知事が訪米

国務省高官や米国防総省の高官と面談を希望

日本の国防を事実上強力にサポートしてくれているアメリカ軍の基地の大半は、沖縄県にあります。

「もともとアメリカに占領されていた場所だった」とか「中国や韓国からちょうどいい距離」など、ロケーション的に止むを得ない側面もあるのは否定できませんが偽らざる事実です。

沖縄県民からすれば「何で俺たちだけが負担しないといけないんだ?」という思いが強いので、歴代の沖縄県知事もその思いを代弁すべく、基地の移設を強く求めてきました。

一方で日本の他のエリアからすれば、「うちに来てもらっても困る」というのが正直な気持ちでしたでしょうし、国防という戦略的な観点からも、沖縄にアメリカ軍基地があることは非常に有意義なわけです。

そんな背景もあって、日本政府的には沖縄県の要望をのらりくらりかわして来たというのが、正直なところでしょう。

そんな状況を打破すべく、玉城デニー沖縄県知事は、アメリカの高官へ面談して思いを伝えようと思って、訪米したのだと思われます。




面談妨害?

通常、県知事のような上役がどこかへ誰かに会いにいく場合、事務方が事前に地ならしやアポイントを取って、話の方向性も決めてしまいます。

実際にトップが会いにいくときは、結論のあとなぞりで、いわゆる「セレモニー」になるわけです。

にもかかわらず、今回は沖縄県知事と米高官の面談は実現していません。

非常に違和感のあるシチュエーションなので、何らかの妨害が入ったと見るべきでしょう。




横ヤリ疑惑の犯人は誰?

安倍首相や官邸?

仮に誰かが妨害しているとすれば、誰が犯人か?

誰もが気になります。

この一件に限らず妨害や邪魔が入るときは、「その行動をされたら困る人」が邪魔をします

沖縄県知事にアメリカ高官と会われると困るのは誰でしょうか?

まぁ、安倍首相をはじめとする政府でしょう。

日本の立ち位置としてアメリカ軍に期待するのは「これからも日本を守ってくださいね」ということなので、それと矛盾する行動はしてほしくないわけです。

「〇〇はしゃべらないでね」「〇〇って言わないでね」と口を挟むわけにはいかないので、そうすると「面談」そのものを不成立に終わらせるしか無くなるわけです。

一方で、日本の知事が会いにいっているのに、政府が横ヤリを正面から入れると「あいつらバカじゃね?」と外国から思われるのは間違い無いですし、信用問題にも関わります。

なので、安倍首相や内閣・官邸が正面切って横ヤリを入れていることはないでしょう。

流行語の「忖度」に「忖度」を重ねて、「誰かが勝手にやっている」状況を作り出しているのではないでしょうか?




外務省?

外務省が率先して横やりを入れていることはないでしょう。

県知事とその国の外務省が全く違うことを言っていたら、バカ丸出しになってしまうからです。

外務省が関わっている可能性も否定はできませんが、官邸の場合と同じく、忖度に忖度に忖度を重ねた誰かが、アメリカへ依頼している可能性はあります。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする