貴ノ岩暴行で解雇・引退か?八角理事長陰謀説と元貴乃花親方の責任は?

Pocket

日馬富士暴力疑惑の被害者の貴ノ岩が、今度は付け人に暴行で加害者で謹慎です!暴力厳罰化の相撲協会は解雇の可能性もある中、貴ノ岩は引退です。旧貴乃花部屋関係者だけすぐニュースになるので八角理事長陰謀説も。元貴乃花親方・千賀ノ浦親方の責任はどうなるのか?







日馬富士の暴力事件

貴ノ岩は被害者で日馬富士は引退

元横綱日馬富士は、モンゴル出身の力士だけが集まる飲み会で貴ノ岩を暴行したことをきっかけに、引退へ追い込まれました。

その時は被害者だった貴ノ岩ですが、貴乃花親方が身を呈して守り、少々行きすぎてしまったことで貴乃花親方も引退へ追い込まれました。

貴乃花親方は、今後どの一門へ所属するのか注目されていましたが、退職を決断されました!次の理事会までに所属一門が決まらないと、相撲協会員を追放される可能性があったのです。貴乃花親方が「答えられない」と述べた理由と相撲協会員追放の可能性や退職にこだわる理由、貴乃花親方の反論・相撲協会の今後・刈屋富士雄氏のお願いなど最新情報をまとめました。

日馬富士に訴訟を起こして取り下げるという事件もありましたが、その後は順調に力士生活を送っていると思われていました。

貴ノ岩が、元横綱日馬富士の暴行に対して3000万円の慰謝料請求をしていることが明るみにでました。貴乃花部屋の弟子を引き継いだ千賀ノ浦親方も「はじめて聞いた」とコメントしていますが、その理由や日馬富士の暴行・民事提訴を貴乃花親方が秘密にしていた理由の真相を調べました。

ところが・・・。




元貴乃花部屋力士は千賀ノ浦部屋へ移籍

貴乃花親方が引退したことで、貴乃花部屋に所属していた力士はどこかの部屋へ移籍する必要が生じました。

そこで白羽の矢があたったのが、千賀ノ浦部屋でした。

もともと貴乃花部屋の部屋付き親方を務めていた千賀ノ浦親方だったので、貴乃花部屋の力士としても馴染みやすいという背景もあったでしょう。




貴ノ岩が付け人へ暴行で今度は加害者に

これまでは世間から被害者という位置付けで見られていた貴ノ岩ですが、なんと今度は付け人へ暴行してしまったのです。

これで、これまでの貴ノ岩の行動が色眼鏡で見られることが決定的になってしまいました。

昨晩、自身の付け人に暴力を振るった。協会ではこの日、貴ノ岩を事情聴取。平手と拳で4、5回殴ったことを認めた。

出典:スポーツ報知

そもそも部屋の中での話がこんなにも生々しく相撲協会に伝わっていることが不思議ですが、本人が認めているので、報道はほぼ事実なのでしょう。

メディアの報道でも、徐々に明らかになってきました。

暴力については「顔が腫れていたので分かった」(貴景勝)「顔を見れば分かる」(貴源治)と、頬が腫れた翌朝の貴大将を見て察知したという。

出典:日刊スポーツ




暴力厳罰化を進める相撲協会の対応

解雇の可能性は?

解雇の可能性は低いでしょう。

というのも、この手の暴力沙汰は相撲協会内では日常茶飯事というのが、世間一般の見方です。

ここで、「貴乃花憎し!」を全面に出して貴ノ岩を解雇に追い込めば、反撃を食らって「八角部屋でも云々」とか「〇〇部屋でも暴行があった」とかを貴ノ岩側からリークされて、それこそ収集がつかなくなってしまうからです。

叩けばいくらでもホコリが出てくるので、相手を極限まで追い込みすぎて、自分のところへ飛び火するのを避けたいというのが、八角理事長の本音でしょう。




まずは謹慎処分

暴力厳罰化を謳いたい相撲協会的には、貴ノ岩を力士生活不能にしたいと思っているでしょうし、昨今の流れや日馬富士の引退の件を踏まえると、可能性は高いでしょう。

いわゆる「詰め腹を切らせる」方向に持って行った方が、「じゃぁ、理事長の責任はどうなんだ?」へ話が派生するのを避けられると考えている向きもあります。

処分の行方が注目されていますが、まずは謹慎処分になりました。

貴ノ岩がコメントしていない一方で、師匠の千賀ノ浦親方は報道陣に対してコメントしています。

千賀ノ浦親方は「貴ノ岩とはこれから話をします」とし、報道陣から「(貴ノ岩に)反省の色はありますか?」と聞かれると「後悔ですね、後悔」。日本相撲協会とは「話し合いをしてきました」といい、「今日から謹慎です。僕がずっと見ておかないといけないものですから」と話した。この日、暴行を受けた同部屋の付け人の三段目・貴大将(23)が両国国技館の相撲協会で事情聴取を受けた。聴取の内容については「それは協会が話すことなので」と多くを語らなかった。

出典:スポニチ

広報の芝田山親方も「厳しく対処していく」とコメントされているので、元貴乃花親方やその一派への嫌がらせの意味でも、厳罰が下る可能性は否定できません。

告発の時の暴力事件発覚といい、間の悪いことが続いてしまうのが痛恨事です。




引退!

動向が注目されていた貴ノ岩は、引退を決意しました。

このまま居座っていても、「日馬富士は引退したのに、君はなぜ?」と言われますし、千賀ノ浦親方や部屋へ迷惑がかかるのも必至です。

やむを得ない判断でしょう。

2018年12月7日に千賀ノ浦親方と貴ノ岩は引退届を相撲協会へ提出し、受理されました。

その後の記者会見で貴ノ岩は、以下のようにコメントしています。

都内の部屋で引退会見を開いた。テレビカメラ6台、報道陣約60人が集まる中、師匠の千賀ノ浦親方も同席。貴ノ岩は会見冒頭で「ご迷惑をかけてしまい申し訳ございません」と、謝罪の言葉を口にした。さらに「深く反省し、責任を取って、今日をもって現役を引退させていただきます」と続けた。

出典:日刊スポーツ

どうやら暴行の直前に、ビールを飲んでいたようです。

「酒の勢いで」ってやつかもしれません。

ただ、なんというか・・・。

相撲協会による先日の全力士アンケートで、おそらく暴力を振るった力士は他にもいたでしょう。

その人たちは引退しなくていいんでしょうか?八角理事長の現役時代に暴力を振るった人たちがいま親方をしているのなら、その人たちも引退しなくていいんでしょうか?

納得いく説明をしてくださいよ、ねぇ八角理事長!

まさに、この人のツイートが言い得て妙でしょう。




訴訟の可能性は?

付け人の母親が怒り心頭のようで、訴訟に発展する可能性もあります。

貴ノ岩自身が日馬富士を訴えていた過去もあるので、可能性は十分に考えられます。

むしろ、相撲協会が親族を訴訟へ煽るように持っていく可能性もあります。




八角理事長陰謀説は?疑惑の真相は?

貴乃花憎しは今も?

以下のツイートにもあるとおり、なぜか貴乃花一派のところだけが、暴力事件が率先して報道で取り上げられます。

あれだけ暴力反対を主張してきた貴乃花親方ですから、貴乃花部屋だけ暴力が蔓延しているとは考えにくく、どこの相撲部屋にも多かれ少なかれある話でしょう。

にもかかわらず貴乃花部屋の暴力事件だけがやけに生々しく報道されることからすると、相撲協会が親しい報道機関を使って、情報操作をしている可能性が高いです。

表に出ないので推測の域を出ないのですが、貴乃花親方に突き上げられた八角理事長や伊勢ケ浜親方・芝田山親方あたりが「貴乃花憎し」と思っていたとしても不思議ではありません。

おそらく、元貴乃花一派の師匠や力士たちに監視役・監視カメラを貼り付けさせて、何か少しでも落ち度があれば今回のように報道で大々的に非を鳴らすように仕向けているのでしょう。

貴乃花系の人たちだけたちどころに否定的なニュースになるのが、おかしいですもんね。

追い討ちをかけるかのように芝田山親方も、「自覚がない」と辛辣なコメントを寄せています。

貴乃花親方が相撲協会を去った今、次のターゲットは貴乃花親方の弟子たちであり、それを守る千賀ノ浦親方という見方をしていないとは限りません。

理不尽な話ですが、ある意味日本的な組織の一面と言えなくもありません。




相撲協会と新聞メディアの立ち位置は?

相撲協会寄りの報道(=情報操作?)をするメディアと、やや貴乃花寄りの報道をするメディアは、概ね以下のように分かれています。

情報の確かさ・信憑度を測るポイントにすればいいのではないでしょうか?

相撲協会派 読売、スポーツ報知、朝日、日刊ゲンダイ
貴乃花寄り 産経、スポニチ、夕刊フジ、文春

読売新聞とスポーツ報知がドン・渡邉恒雄代表と日本相撲協会の関係から現在も相撲協会主流派の八角理事長に食い込んでおり、貴乃花に批判的だ。テレビでは、大相撲ダイジェストをずっと放送していた関係で、他局より相撲協会と関係が深いテレビ朝日がやや相撲協会よりといえるだろう。

出典:Lite-ra.com

たしかにスポーツ報知の報道だと、いかにも貴ノ岩がボコボコにしたかのようになっていますが、スポニチの報道だと、怒られた側が反省しているかのような報道です。

貴ノ岩から暴力を受けた貴大将はスポニチ本紙の取材に「自分が付け人として(対応が)悪かったんです。言われたことをちゃんとできなくて」と申し訳なさそうに話した。「貴ノ岩関からは“俺がどうかしていた。申し訳なかった”と謝られました。こんな大騒ぎになって申し訳ない」と話した。

出典:スポニチ

同じ事案を取材しているとは思えないほど、温度感に差があります。

スポニチ側の報道は本人に取材をしているので事実度は高く、スポーツ報知側は貴大将へ取材していないことから、情報操作感が出ていることは否めません。

いわゆるコメンテーターにも、相撲協会派はいます。

一番の急先鋒は、やくみつる氏でしょう。

https://twitter.com/JGHhJggZyyxyjbo/status/1070883551292272640

この他にも、横野レイコ氏が相撲協会派のコメンテーターとして地位を確立していると言われています。




元貴乃花親方・千賀ノ浦親方の責任は?

貴乃花親方と千賀ノ浦親方の責任

八角理事長的には、「貴乃花親方の教育がなっていなかったから」というシナリオへ持って行きたいでしょう。

ただ、教育責任はあるかもしれませんが、今回ばかりは「不十分でしたね」で済む話でしょう。

貴乃花親方も、インタビューに答えています。

貴ノ岩が起こした暴力については、開口一番「あんなことをしちゃったらね…」と、残念そうに話した。さらに「言語道断でしょ」と続けた。昨年10月に元横綱日馬富士による暴力事件で貴ノ岩は被害者となり、自身も暴力根絶を訴えてきた。その思いが届いていなかったことへの、歯がゆさを飲み込むように後は「予定があるから」などと多くは語らなかった。

出典:日刊スポーツ

当事者でないので、責任を問いようがないです。

むしろ、千賀ノ浦親方の責任が免れないのではないでしょうか?

いわゆる「管理者責任」というやつで、降格になるでしょう。

もちろん千賀ノ浦親方も、貴ノ岩に対して激怒しています。

「驚きで残念。申し訳ない」と騒動を謝罪するとともに、貴ノ岩に対して「自覚が足りない」と憤りをあらわにした。5日の午前中に貴ノ岩から報告を受け「何してるんだ」と叱責(しっせき)したという千賀ノ浦親方。この日は「なんでこういうことになるのか。情けないのと、残念の両方あります。自覚が足りない。考えが甘い」と憤りをあらわにしたほか「驚きで残念。申し訳ない」と謝罪した。暴行被害を受けた貴大将(23)とともに部屋を出た千賀ノ浦親方は150メートル先の駐車場に向かう途中、10台以上のカメラと約40人の記者たちにもみくちゃにされながら対応。2人は相撲協会に対して事情説明を行うため、車に乗り込み両国国技館へと向かった。この日の朝稽古は非公開で行われ、貴大将はまわしを付けて軽く体を動かしたという。

出典:スポニチ

仁義を切って貴乃花部屋の力士を引き継いだ千賀ノ浦親方が、不憫でなりません。

疑惑の域を出ませんが旧貴乃花一派ばかりから暴行事件のニュースが出るのは、八角理事長をはじめとする執行部の、旧貴乃花一派への嫌がらせ・いじめの一環と見ても、外れてはいないでしょう。

そのような理不尽な環境下にあるのは誰が見ても明らかなので、貴ノ岩は「自分は監視されている」という危機感が足りなかったと見られても文句は言えないでしょう。

それにしても、今回の一件で悪いのは貴ノ岩ですが、謹慎や厳しい処分をして大丈夫なんでしょうか?

同じような処分を受けないといけない力士たちは、八角理事長や執行部側の相撲部屋にもきっといるはずです。

貴乃花系だけに集中している問題とは考えにくいですから、自ら首を締めるような展開になっていくのかもしれませんね。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする