借金返済!30代借金夫婦が400万円の負債を返す4つの工夫

Pocket

「借金返済で人生終わる」「借金減らない」「クレカ残高増えた」って悩んでいた30代借金夫婦が、400万円の負債を返すために試した4つの工夫を紹介します。借金返済に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

消費者金融ライター ライター:イタル

30代借金夫婦が借金返済に試した4つの工夫

借金返済

ここで紹介する4つの方法は、たいていの方が思いつく方法だと思います。

ただ、実際に経験してみて感じたこともあったので、そのあたりがみなさんの参考になればなと思っています。

会社員しながら副業した

給料が上がらないこのご時世。

私の給料だけでは借金返済は到底ムリなので、副業を始めることにしました。

いやぁ、いろいろやりましたね・・・。

会社に内緒でコンビニでもバイトしたことがありますし、なけなしのお金でNISAもやってみました。

それだけじゃなくて、芸能ネタブログ(誰と誰が付き合った系)を立ち上げてアフィリエイトもやってみました。

どれも借金返済を見据えたものでしたが・・・、やっぱり利息の返済にも充てられない程度しか稼げないんですよね。

そりゃぁそうですよね。

僕たち夫婦が副業でやってたことを本業でやっている人がいて、本業の人たちですらうまくいっていないんですから。

結局、副業だと抜本的な解決にならないなぁっていうのが、僕たち夫婦の結論でした。

親族にお金を借りに行った

やりたくなかったですが、両親や弟夫婦に頭を下げに行ったこともあります。

ただ・・・、これもうまくいきませんでしたね。

そりゃぁ、お昼ご飯代を出してもらうのとは次元が違います。

なんせ400万円ですから、「はいどうぞ」とはなりませんでした。なんというか、うまくはぐらかされて終わりました。

こっちもはっきり言いにくいところとかありますし(なんでそんな借金できたんだ?とか)、あっちも「お財布にこれだけある」って言っちゃうと「じゃぁ貸してよ」になっちゃいますからね。

結局はお互い気まずくなって、恥ずかしいプライベートの話をさらけ出しに行っただけで終わってしまいました。

弁護士の先生に相談した

真正面から返済するのはむつかしいと考えて、弁護士の先生に相談しました。

先生には以下の記事に書いたような方法を、いろいろと丁寧に教えてもらえました。

本屋さんとかで立ち読みしてもむつかしい用語がたくさん出てきて理解しづらかったのですが、わかりやすい説明で、メリットやデメリットがよくわかりました。

まぁ、ただ決めるのは自分たちなので、一旦は持ち帰って二人で考えることにしましたけどね。

人生でも、かなり大きな意思決定になるので、いくら専門家の前とはいえ、「よし、〇〇にしよう!」って軽はずみには決められなかったんです。

借金が返せなくて苦しいときに、妻がふと口にした「借金を減らせる方法を知りたい」。そんなときに見つけた3つの方法を、メリット・デメリットとともにメモしておきます。

借金をリセットする

弁護士の先生から教えて頂いた方法の中にあった1つの選択肢ですが、いまのところはまだ使ってません。

これからの人生の方が長いので、選択肢としては残しつつもちょっと前には踏み出せていない感じです。

でも、やるときめたときに何をしたらいいかは、しっかり知識として準備はしています。

詳しくは先ほどのリンクで触れていますが、すでに十分なお金があるならいざ知らず、ブラックリストにのっちゃうとか、カードが作れなくなるみたいなのは、かなりのダメージなんですよね。

借金が綺麗さっぱりなくなるのは非常にありがたいんですけど、その分を埋めてあまりあるダメージが残っちゃう感じなので、簡単には前へ踏み出せないんですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする