消費税10%を安倍首相が再度延期?増税中止か衆議院総選挙の可能性は?

Pocket

安倍晋三首相が消費税10%の増税を表明しましたが、再度延期の可能性が取りざたされています。再度延期や中止の可能性はあるのか?消費税増税と憲法改正のために衆議院総選挙を行う可能性を含め、まとめました。








安倍首相と消費税10%増税

安倍晋三首相が総理大臣の座に着く前にその席に座っていたのは、民主党の野田総理でした。

野田前首相が消費税10%の増税方針を表明した後に政権を引き継いだ安倍首相ですが、増税することによる支持率低下を恐れ、再三延期を繰り返して来ました。

首相はこれまで、2度にわたり消費税に関して「ウソ」をついてきた。1度目は15年10月に増税するはずが17年4月に延期。2度目はその17年4月の延期を19年10月に再延期して、今に至る。

出典:FRIDAY

政治家は当選しないとただのおっさんおばさんですし、所属政党の議員の指示でその座にいる総理大臣も、議員を当選させられなければ、その座から追われます。

つまり、国民の支持率は総理大臣の最大の関心ごとなのです。

増税を好む国民なんていませんから、増税すれば支持率が下がることは必然です。

衆議院の3分の2以上を確保して「憲法9条」を改正したい安倍首相にとって、支持率低下は何としても避けなければいけない課題です。

そういった背景もあって安倍首相は、「消費税10%増税」を再三にわたって延期してきたのです。




再度延期の可能性は?

十分に考えられます。

「我が亡き後に洪水来たれ」の発想ではないですが、今の日本の財政を本気で改善させようと思ったら、かなりの大掛かりな痛みを伴う改革をしないといけません。

支出の抜本的な見直しや消費税の大幅増税などなど。。。

しがらみに満ち溢れた政治・ビジネスの世界でそんなことを自分の政権時にやったのでは、早々に総理大臣の座を追われるばかりか、自民党の政権与党の座も危うくなります。

つまり「改革しないといけないのはわかっているけど、自分のときにやるのはヤダ!」というのが「普通の政治家」のあたりまえの発想でしょうし、安倍首相もそうでしょう。

使命感に燃えていない限りは、「抜本的な改革」なんてしないわけです。

とにかく支持率を下げたくない。

一方で消費税の増税の含みは残しておきたい。

そのためには、延期しかないでしょう。




消費税増税中止の可能性は?

中止はないでしょう。

国家財政が危機的な状況であることは誰の目にも明らかですから、消費税増税中止を自分の政権時にやったら、「あいつはアホだ!」と後世の人たちに笑われるのは目に見えているからです。




衆議院総選挙の可能性は?

消費税のためというよりは、憲法改正のために行う可能性はあるでしょう。

おそらく安倍首相の念頭には「消費税増税」はないでしょう。

憲法改正に必要な議席数はかろうじて超えている程度なので、裏切りが出ると改正はできませんし、そんな大掛かりな案件をスレスレで通そうとしたら、反発は必至だからです。

とにかく支持率を下げずに政権をより堅固なものにするには、「野党の都合の悪いタイミングで解散総選挙をして、より衆議院の議員数を伸ばす」必要があります。

「増税延期」と言われれば、国民はひそかに喜ぶでしょうから、「増税延期」と表明したすぐ後に「衆議院解散総選挙」。

おそらく安倍首相はこんなことを考えているのでしょう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする