緊急地震速報で詐欺メールが!フィッシングや出会い系サイト誘導の見分け方!

Pocket

生活に欠かせない緊急地震速報でも詐欺メールが発生しました!リンクを貼って出会い系サイトなどへ誘導する手法です。フィッシングと言われる方法ですが、このような迷惑メールの見分け方はどうするのか、まとめました。








緊急地震速報で詐欺メールが!

地震大国日本でいまや欠かせない存在になった、緊急地震速報。

貴重なライフラインの一つに、詐欺メールが入り込んできました。

人間性のかけらもないと感じざるを得ませんが、よくよく考えると、詐欺は「意外なところで、さぎっぽくないように」感じてもらう必要があります。

緊急地震速報のような公のツールだと、詐欺なんて普通は考えないでしょう。

「意外」「まさか!」だから、漬け込む余地があるのです。

それにしても考えた人の悪知恵ぶりには、あらためていろんな意味で感心せざるをえません。

その知識をまともなことに使えばいいのに、と思ってしまいます。




フィッシング詐欺や迷惑メールの手口

とにかく誘導する

緊急地震速報の詐欺メールも含め、手法や手口は一貫しています。

お金を巻き上げるウェブサイトへ誘導するのです。

一方で、「これは詐欺だ!」と見抜かれては困るので、メールの画面だけを見ても、怪しさのかけらもありません。

「怪しくないのを、どうやって見分けるんだよ!」って思いますよね。

ぱっと見で、怪しい箇所がただ一つあります。

そうです。。。

怪しいメール・詐欺メールには、ほぼ必ず誘導先のリンクが貼られているんです。

佐川急便を装ったフィッシングメールはこんな感じ。

筆者にも来たGoogleを装ったフィッシングサイトも。

ヤマダ電機を語ったフィッシングメールもあります。




どこへ誘導?出会い系サイトとか?

間違えてリンクをクリックしてしまった場合、どこへ誘導されるのでしょうか?

相手は、メール受信者からお金を巻き上げたいわけです。

簡単にお金を払ってくれるわけがありませんから、お年寄りだったら狙い目は「老後の不安」や「資産を増やす(=運用)」になります。

だから「老後の不安」とか「資産運用」とかで感じそうな不安感を煽り、話の流れで口座番号や暗証番号を聞き出したり、お金を払わせたりするウェブサイトへ誘導します。

男性だったら、若い女性と〇〇ができるから登録してとかいう感じで、いわゆる出会い系サイトのようなところへ誘導します。

とにかく、ターゲットがほしがりそうなところを巧妙に突いて、そこへ誘導するのが特徴です。




詐欺メールの見分け方

いくつかあるのですが、一番のポイントは「リンクが貼られている」ことでしょう。

リンクが貼られている

「怪しさ」を隠すために、メールやメッセージの文面には「最後に読ませたいウェブサイト」は載せません。

隠すためには、どこかのサイトへのリンクを貼っておく必要があるのです。

逆の見方をすれば、リンクが貼られていたら、「ん?怪しいのでは?」とアンテナを張る必要があるのです。

相手はこちらを騙しにくるので、あたかも信用のおける公的機関や大企業、緊急地震速報など「まさか」「あ、信頼できる」という観点でメールやメッセージを送って来ます。

だから、盲目的に信じないで「リンク」が貼られているかはまずチェックしましょう。

緊急地震速報の音が鳴る

緊急地震速報の場合は、かならず音がなります。

音がならなかったり、いつもと違う音だったりしたら「ん?」と思いましょう。

この動画の2:14くらいから鳴り始める音を覚えておいてくださいね。

それ以外の公的機関を装ったメール・メッセージの場合は、ならない場合もあるかもしれません。

そんな場合は、鵜呑みに信用せずに、インターネットとかを検索して、調べて見ましょう。

お得そう・おいしそうな情報ほど、猛毒の可能性大ですから、飛びつかないように。

返信できるか?

緊急地震速報のメッセージは、返信ができない仕組みになっています。

他の多くの公的機関のメール・メッセージも同じです。

問い合わせ返信されたら、パニックになるからです。

一方の詐欺メールは、返信ができるしくみになっています。

ここが、詐欺メールかどうかの判別ポイントです。

怪しいメールはどんな感じ?

今回の緊急地震速報メール以外にも、公的機関を装った怪しい詐欺メールがあります。

たとえば、土砂災害速報メールがあります。

大きな地震の後に届くことがあります。

これも緊急地震速報メールと同じく、リンクを踏むように誘導します。

たいていの公的機関のメッセージでは、携帯を開かなくてもメールの文面が見れるケースが多いので、そうでない場合は特に疑ってみましょう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする