片山さつきは疑惑のデパートで辞任?国税庁口利き・公職選挙法違反?

Pocket

「疑惑のデパート」のニックネームがぴったりの片山さつき地方創生担当相。国税庁の口利き疑惑や政治資金規正法違反疑惑、公職選挙法違反疑惑・違法カレンダー疑惑などまさに不祥事のオンパレードです。地方創生担当相の辞任の可能性や安倍首相の任命責任・昭恵夫人の反省はあるのかについてまとめました。







片山さつき地方創生担当相

埼玉県出身の政治家で、自民党に所属されています。

財務省を経て、国政へ進出されました。

派閥は二階派に属し、安倍内閣では地方創生担当相等に就任しています。




片山さつきさんは疑惑や不祥事のデパート

国税庁の口利き疑惑

片山さつきさんの支持者なのでしょうか?

秘書の税理士を通じて100万円を受け取って、国税庁へ圧力・口利きをしたというのです。

片山氏の秘書を務める南村博二税理士が社長から100万円を受け取り、当該法人の青色申告の承認取消しをやめるように、国税庁に電話をしたとされています。いわゆる、「口利き」です。

出典:biz-journal

こんなことがまかり通るのなら、真面目に税金を払っている人たちがバカバカしくなります。

あくまで秘書が勝手にやった系へ持っていきたいようですが、知らなかったってのは苦しい言い訳でしょう。




政治資金規正法違反疑惑

怪しいお金がいっぱい・・・

国会議員は絶大な権力があるので、どうしてもお金が集まって来がちです。

そうすると、政治が汚職にまみれてしまうので、金回りはきっちりやりましょうという趣旨で「政治資金規正法」という法律が設けられています。

彼らの政治資金は国民の税金が使われているのですから、当然でしょう。

政党交付金は、国民の税金が原資となっており、その使途に説明責任が伴うのは言うまでもない。

出典:週刊文春

政治資金規正法では、使ったお金を政治資金収支報告書に載せないといけないのですが、事実と違う記載が複数見つかり、立て続けに修正に追い込まれています。

2016年の参院選の前後に、488万円の政党交付金が片山氏個人に対し、選挙関係費として支出されている。ところが「25支部」の政治資金収支報告書では、選挙関係費は288万円分しか計上されていない。200万円の金が消えている。

出典:週刊文春

消えた200万は、一体どこへいったんでしょうねぇ・・・。

1箇所だったら「あ、ミスってました!」で済むかもしれませんが、ここまで多いと、意図的にいかがわしい資金へ流したと見られても仕方がないでしょう。

また不祥事が発覚!

再三の訂正を余儀なくされた政治資金収支報告書。

「まだあるんじゃね?」と追及する野党に対し、片山さつき氏は以下のように答えました。

14日の衆院内閣委員会で「すべてチェックした。これ以上はないと考えている」と答弁した片山氏

出典:文春オンライン

まぁ、誰も信用しませんよね。

やはり、新しいネタが発覚です。

片山氏が代表を務める政治団体の「主たる事務所の所在地」は、2015年分まで、港区にある南村博二税理士の親族が所有するマンションの一室になっている。だが、電話番号の欄には参議院議員会館の片山事務所の番号が記されている。「港区の事務所は南村氏と彼の妻以外、片山氏の関係者は使っていない。事務所としての実態はありません」一室の賃料のうち少なくとも90万円は、政党交付金、つまり税金から支払われていることが確認できた。

出典:文春オンライン

訂正の回数が怪しいのではなく、怪しいお金を捻出するために意図的に「事実と異なる記載」をしていたのではないかと見られているのです。

政治資金に詳しい神戸学院大学の上脇博之教授が言う。「事務所としての使用実態がないのであれば、賃料を政党支部で支払う義務がなく、虚偽記載が疑われます」

出典:文春オンライン

ここまで不祥事・疑惑が続くと、いよいよ堀が埋まって来た感はぬぐえません。

そろそろけじめをつける時が来たのではないでしょうか?

数万円の入浴剤

永遠に疑惑が出続ける感のある、片山さつき議員。

今度は数万円の入浴剤が出てきました。

綺麗好きなのでしょうか、一体どれだけの回数お風呂に入るのか気になりますね。

政治資金の私的流用疑惑。情報公開請求によって入手した片山氏の資金管理団体「山桜会」の領収書によれば、2014年2月、12月の2度にわたって、浜松市内の100円ショップに22890円、10800円を支出している。だが領収書の品目には「きぐるみアザラシバスボール」など10個の入浴剤、「開運だるま貯金箱」など5個の貯金箱、「ヒアルロン酸ウェットティッシュ」や洗顔シートなど28パックといった、政治活動と無関係と思える商品名が列挙されている。「山桜会」の政治資金収支報告書を確認すると、名目は「消耗品代」「お土産用袋代」として、まとめて記載されていた。

出典:文春オンライン

入浴剤をどのように政治で利用するのか、教えてほしいものです。

次の疑惑は使途不明金です。

膨大な領収書の不正計上疑惑だ。2014年の「自民党浜松支部」が発行した6万円の領収書の宛名は、「片山さつき後援会」。つまり、片山氏の政治団体「片山さつき後援会」から「自民党浜松支部」に6万円が支払われたことを示す領収書だ。だが、当の「片山さつき後援会」の収支報告書には記載がない。一方、「山桜会」には6万円の記載があるのだ。このように領収書の宛名などに「片山さつき後援会」と記載されているにも関わらず、別の政治団体である「山桜会」に計上されている領収書などは、2014年から2015年にかけて実に約130件、金額にして約550万円にも上る。民間の商取引では考えられない経理処理だ。

出典:文春オンライン

本当はどこへお金が流れたんでしょうか?

まさに疑惑のデパートを地で行く噴出ぶりですね。




公職選挙法違反疑惑

議員になれるかなれないかで、その後の立場・生活水準は激しく変わります。

そうすると必然的に、「どんな手段を使ってでも、選挙に勝つ!」という動機が高まります。

そこで法律が選挙活動に規制をかけているのですが、その法律を「公職選挙法」といいます。

疑惑・不祥事の目が向けられているのは、「片山さつきさんの看板」です。

「選挙の看板は、選挙期間中しか掲示してはダメ」と公職選挙法で決まっています。

ところが、見るからに気味が悪いこのどデカイ看板を、地元で大々的に掲載していたことが発覚しています。

野党の追及を受けて国会答弁に立たされたのですが、その言い訳が「書籍の宣伝の一環であり、政治活動ではない」というのだから、開いた口がふさがりません。

聞いた瞬間に思わず吹き出してしまいました。

もはや、ネタとして面白いって範疇に入ってきましたね。

あの看板を堂々と掲載できる神経が、すごいなぁと思いました。

違法カレンダー疑惑

疑惑はこれだけにとどまりません。

法律に違反したカレンダー配布も行なっていたというのです。

カレンダーが片山とは縁もゆかりもない人物に送り付けられていたことが分かった。「2013 片山さつきカレンダー」。「この2年間で6本の議員立法を提案」などと、自らの実績をアピールする文言が並ぶ。縦長の紙の、上から3分の2に当たる部分は片山の顔写真が2つもデカデカと掲載され、カレンダー自体は下の方にちょこっと掲載されている程度だから、見た目はほとんど「選挙ビラ」と変わりない。そんな自己主張が強すぎるカレンダーを、不特定の有権者に無償で配っていたら、参院比例区選出で全国が「選挙区」である片山氏は公職選挙法に問われる。2014年10月、うちわを選挙区内で配った松島みどり法相(当時)は、公選法違反の疑いが浮上し辞任に追い込まれた経緯がある。

出典:日刊ゲンダイ

「片山さんのカレンダーが突然送られてきた」と日刊ゲンダイに打ち明けたのは、「日本行政書士会連合会」の地方団体「滋賀県行政書士会」に所属する高井章博氏。「私が行政書士の登録を受け、連合会の会員になったのは2013年4月のこと。それからそう遠くない時期に、月1回発行される会報と同封してカレンダーが送られてきました。私は片山さんの支持者ではないので驚きましたし、非常に困惑しました。それ以前と以後には、特定の政治家の顔写真や名前が掲載されたカレンダーが送られてくることはありませんでした」

出典:日刊ゲンダイ

神戸学院大学の教授は、以下のように証言しています。

片山事務所が連合会に依頼し、顔写真などが載ったカレンダーを配っていたのなら、公選法違反の恐れがある。また、支部で作ったカレンダーを無償で連合会に提供したのなら、その旨を収支報告書に記載しなければなりません。政治資金規正法違反の不記載に当たる可能性もあります

出典:日刊ゲンダイ

「やったらダメですよー!」と法律で定められていることを、躊躇なく進める。

もしくは、限りなくクロに近いグレーラインを突き進む。

節操のかけらも感じないアプローチのアダが、このタイミングになって噴出していきています。

これくらいの話なら、まだまだありそうですね。

ただ、あんなカレンダーを送ったら、「お、この人信用できる。投票しよう!」って有権者が思うと考えているのでしょうか?

無節操な感じがむしろ印象を悪くするように思えて仕方がありませんが。




地方創生担当相辞任の可能性は?

真実はご本人しか知る由がありませんが、おそらく自ら辞任する考えはないでしょう。

表情を見るからに、太々しいというか、容易に腰を割らないというか、そんな印象を受けます。

おそらくは世論の反発や、周囲からの辞任勧告を受けて渋々辞任というのが現実的な線でしょう。

ですから、野党は徹底的に疑惑を解明する必要がありますし、文春砲を筆頭にメディアは疑惑・不祥事を徹底的に暴く必要があるのです。




安倍首相の任命責任は?

安倍首相の任命責任も不可避でしょう。

これだけ疑惑に塗れた人物を大臣へ任命したとなれば、「気は確かか?」という疑念は避けられず、国会・政治の遅滞を招いた責任を取らないといけないでしょう。

これらの不祥事・任命責任を踏まえて、衆議院解散総選挙を行うべきと考えます。




昭恵夫人の妄言で反省はなし?

一連の不祥事のオンパレードに、片山さつき議員と同じく「不祥事のデパートの総本家」を陣する安倍昭恵夫人。

本件に関しさぞかし他山の石とすべく反省しているのかと思いきや、逆に野党を批判しているとして妄言と批判されています。

一連の不祥事で、自分への批判はかわしきれるという自信からくる発言でしょうか?







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする