三國志Ⅴアプリ版はクソゲーですぐ飽きる? どんな感じでおもしろいの?

Pocket

大人気のゲーム三國志Vが、スマホアプリ版で発売されることになりました。クソゲーアプリですぐ飽きるという評価を耳にしますが、はたしてどんな感じでおもしろいのかをまとめました。







三國志5スマホアプリ版はどんな感じでおもしろいの?

三國志とは?

三國志というと、古代中国の三国時代を舞台にした、一部フィクションが入った物語です。

バラエティに富んだ登場人物が様々な活躍を見せるので、幅広い年代層に圧倒的な支持を受けています。

魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備を主人公としながらも、彼らを支える軍師・武将たちが織りなす駆け引き・戦闘・人間関係が、普及の人気を支えているのです。

日本では、特に劉備が人気を集めています。

彼を支える軍師の孔明を筆頭に、5人の勇猛な武将(五虎大将軍)が傘下に控えることで、三国の中でもっとも国力が劣勢な中、圧倒的な人材力を誇っています。

そこが、判官贔屓の日本人の心を掴んでいるのかもしれません。




三國志のゲーム

ゲームに関しても、かなり昔から三國志は取り上げられていて、大人気のシリーズです。

老舗は光栄(現在のコーエーテクモゲームス)で、1985年から三國志のゲームを作り続けています。

ゲームといっても多岐にわたっていて、プラットホーム別にまとめると、以下のような感じです。

据え置き型ゲーム機

1985年に発売された「三國志・抄本三國志」を筆頭に、14作が発売されています。

このうち、陣形や名声といった要素が導入された三國志Ⅴ(1995年発売)が、今回発売されるアプリのもとになっています。

シリーズの主な内容をまとめると、以下のとおりです。

名称 発売年 特徴
三國志・抄本三國志 1985年 ファミコン版のベース
三國志Ⅱ 1989年 計略・新君主を導入
三國志Ⅲ 1992年 水軍・都市単位での戦争
三國志Ⅳ 1994年 君主単位でのターン制度を導入
三國志Ⅴ 1995年 陣形・名声が採用
三國志Ⅵ 1998年 武将の能力を採用
三國志Ⅶ 2000年 全武将をプレイできる
三國志Ⅷ 2001年 シナリオ数の増加
三國志Ⅸ 2003年 城以外でも拠点を設置可能
三國志Ⅹ 2004年 軍事行動の追加
三國志Ⅺ 2006年 3Dマップを導入
三國志Ⅻ 2012年 オンライン対戦の導入
三國志13 2016年 全武将をプレイできる
三國志ツクール 2016年 三國志Ⅱをベースにアレンジ




携帯型ゲーム機

古くはゲームボーイ向けの「三國志ゲームボーイ版」から、最近でいうとニンテンドー3DS向けの「三國志2」など、端末を操作するユーザーが常に楽しめることを目的に、ゲームを提供し続けています。

ソーシャルゲーム

100万人の三國志シリーズが人気のシリーズで、ほぼ毎年新シリーズが発売されています。

アプリ版三國志Ⅴはどんな感じ?

なぜ三國志Ⅴか?

数あるシリーズ作品の中で、なぜ三國志Ⅴが選ばれたのでしょうか?

それは、同作品が以下の特徴を兼ね備えているからです。

君主の立場で戦略、戦術ともにターン制でプレイするという『三國志』シリーズで定番のスタイルを優れたバランスで突き詰め、初心者から上級者まで、簡単により深く楽しめるゲーム性を実現した本格歴史シミュレーションゲームです。

出典:電撃オンライン




ゲームの内容

作品の作りも、過去の作品をただ移植しただけでなく、名君チャンピオン道場や英雄バトルロードなどの、新しい機能も追加されています。

このほかにも、「武将カード」や「エディット機能」は絶対に見逃せないポイントです。

また、過去のシリーズにありがちな「今のシリーズに比べて映像がよくない」といった問題点も、今の最新技術で解決されています。

論より証拠で、早速見てみましょう。

三國志Ⅴアプリ

三國志Ⅴアプリその2

出典:ファミ通

これはもう、没頭してしまう出来ですよね!

クソゲーアプリですぐ飽きるとの評価は?

長く何度も楽しめる要素が満載です。

クソゲーではないことは間違いありませんし、楽しめる要素が潤沢にあります。

すぐに飽きることはないでしょう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする