立憲民主党が野党共闘を決断する可能性は?小沢一郎の要請に応える?

Pocket

かつて自由民主党から政権を2度も奪った自由党の小沢一郎代表が、国民民主党との合流に際して発言されました。秋波を送られた立憲民主党の枝野幸男代表は「野党共闘」を決断するのでしょうか?可能性を探りました。







立憲民主党枝野幸男代表が野党共闘を決断する可能性は?

可能性はかなり低い

立憲民主党がなぜ「非自民層」の高い支持を得ているのかというと、「永田町の数合わせから距離を置いている」「クリーンさ」です。

政治では「数」がないと発言力がないのは事実なので難しいところですが、自らの強みを犠牲にしてまで「数」を取りに行くことはしないでしょう。

小沢一郎氏の呼びかけは非常に魅力的に聞こえるでしょうが、おそらく首を縦にはふらないでしょう。

立憲民主党が描く政権奪取のシナリオは?

「数合わせはしない」という枝野代表の言葉がキーワードでしょう。

あくまで「立憲民主党の支持者」を増やして発言力を高めて、かつての社会党のような地位を獲得してから、自らが中心となった野党連立をはかるのではないでしょうか?

もちろん、「立憲民主党の考え方に従ってもらう」というような姿勢です。

小沢一郎代表はどう動く?

小沢一郎代表は、これまでに2度「自由民主党」に悪夢を見せて来ました。

1度目は、日本新党の細川首相が中心となった連立政権で、2度目は民主党が自由民主党に圧勝した選挙です。

ともに、その後自由民主党は政権の座へ返り咲きましたが、自由民主党の長い歴史で、野党に追いやられた事件の裏に必ず小沢一郎がいたという事実は見逃せません。

民主党から離れた後は、長く脇役の座に甘んじていたので、ご本人は「もう一度」と思っているはずです。

おそらく、待ちの姿勢は取らず、立憲民主党へ積極的に働きかけを行うでしょう。

今後の小沢一郎代表の動向に目が離せません。

【次の記事】

見逃せない政治の記事一覧




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする