八田小矢竹亮が盗撮で逮捕! 小学校評判や校長責任や存続は?

Pocket

山梨県甲斐市の公立小学校教諭が、盗撮の現行犯で逮捕されました。小学校の先生が痴漢するとどうなるんでしょうか? 過去の処分事例とクビになったら何してるかをまとめました。

八田小学校の先生が盗撮で逮捕!

どこで逮捕された?

小学校の先生が盗撮容疑で現行犯逮捕されました。

メディアでは、以下のように報道されています。

10日午後5時50分ごろ、長崎市茂里町の大型商業施設の店舗で、盗撮しようとしたとしている。 中学生に後ろから近づき、足をスカートの下に差し込んだのを施設の保安員が目撃、通報を受けた署員が取り押さえた。矢竹容疑者は帰省中だったという。

出典:産経新聞

容疑者の先生は山梨県甲斐市の教員ですが、逮捕されたのは長崎市です。

えらく距離が離れていますが、これは容疑者が帰省していたためです。

犯罪の手口は?

かなり手の込んだことをされているので、衝動的なものではなく綿密に計画された犯行です。

メディアによると、以下のように報道されています。

スニーカーの中にスマートフォンを仕込んで盗撮をしていた

出典:NHK

そもそも、スニーカーにスマホをいれられるなんで初めて聞きましたが、相当な熱意と綿密な事前準備ぶりですね。

その情熱をもっと違うことに使えばよかったのですが。

犯行の状況は?

明らかにおかしいと映る行為を繰り返していたようです。

大型商業施設の保安員が矢竹容疑者の動きを不審に思って行動を確認していたところ、女性のスカートの下に足を入れるような動作を繰り返していたため警察に通報し、駆けつけた警察官が事情をきいたところ盗撮していたことを認めたため、その場で逮捕したということです。

出典:NHK

逮捕に至るまで2つの行動が書かれています。

まず「不審に思って行動を確認していた」という点です。

まぁ、ぱっとみぃで明らかに怪しげな行動をしていたということでしょう。

もうひとつが「〇〇の動作を繰り返していた」という点です。

綿密な事前準備の上に、犯行に対するかなりの執念が感じられますね。

今のご時世、いたるところに防犯カメラが設置されているので、客の行動はガラス張りです。

どうやら冷静な判断が思考停止してしまって、「逮捕されるのでは?」という発想が頭から消えてしまっていたようです。

小学校教諭が痴漢するとどうなる?

公務員の世界は、経歴に傷が付くと絶対に上へ上がれません。

ましてや、小学生・中学生に痴漢行為を働いたとなれば、「小学校・中学校で生徒を預かる」ことに対して、保護者に安心感を持てというのが無理でしょう。

「〇〇小学校に痴漢先生がいる」なんて噂がたてば、途端に小学校の信頼が失墜していまします。

よって、解雇処分になるのが現実的な線です。

小学校の先生クビになったら何してる?

学校の先生は、一般的な会社員とは違った業界なので、学校の先生の「学校の先生でのキャリアを活かして〇〇株式会社へ転職しました」という筋書きが通用しにくい側面があります。

つまりツブシが利きにくいのです。

しかも、転職の時に履歴書を提出しますが、懲罰履歴も書く欄があります。

「私は過去に痴漢行為で解雇されました」とは書けないので「該当なし」と書くことになりますが、大抵のケースでは調査会社に頼んでウラを取りに行きます。

履歴書での虚偽記載は、たいていの場合解雇の正当な理由になります。

理由が「過去の犯罪の隠匿」なので、バッチリ該当しちゃうでしょう。

よって、まともな会社には就職できなくなります。

その後どんな会社に就職したかという情報は個人情報なので拾える余地はありませんが、日雇い労働者か個人事業を立ち上げるかくらいが現実的な線ではないでしょうか。

小学校での評判は?

八田小学校での評判について調査しましたが、ネットには上がってきませんでした。

おそらく、特段目立つことなく普通に毎日の教師生活を送っていたのでしょう。

校長の責任は?

校長が何かをしたわけではありませんが、部下の不始末は上司が責任を取らないといけません。

しかも、不始末の内容が中学生への痴漢行為とあれば、小学校の先生にとって致命的な欠格事由になります。

校長からしたらたまったものではないでしょうが、責任を取って校長を辞任する必要はあるでしょうし、辞任するでしょう。

小学校の存続は?

ネットに公表されている情報を見る限り、廃校の情報はありません。

現在アクセスが集中していて、小学校のウェブサイトが見れないようです。

ただ、田舎の学校でしょうから、生徒数の減少という影響が出る可能性のある事件ですから、保護者の方々の今後の対応次第ということになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする