大西議員は詐欺で辞職・逮捕は?国会通行証貸与で片山さつきへの影響は?

Pocket

国民民主党の大西健介衆議院議員が、国会通行証を霞ヶ関ブローカーへ貸与していたことが明らかになりました! 軽率と反省していますが、専門家は詐欺・逮捕の可能性を指摘しています。安倍昭恵夫人のコメントともに情報をまとめました。







大西健介衆議院議員(国民民主党)

今回の不祥事・疑惑の対象になったのは、大西健介衆議院議員です。

1994年に参議院事務局へ入局したのをきっかけに、政治の世界へ入ります。

内閣委員会調査室や外務省・在アメリカ合衆国日本大使館書記官などを経て、馬淵澄夫議員の政策担当秘書に就任します。

そして2009年には民主党から衆議院議員総選挙へ出馬し、議員の座を射止めます。

その後は、希望の党を経て国民民主党へ在籍しています。




国会通行証を霞ヶ関ブローカーへ貸与

以前発生した文科省汚職事件。

東京医科大学への不正合格や収賄などの相次ぐ不祥事で、何名もの文科省幹部が逮捕されています。

その逮捕された容疑者のうち、谷口浩司容疑者に国会通行証を渡していたというのです。

「霞が関ブローカー」と呼ばれた元コンサルタント会社役員=贈賄罪で起訴済み=に、私設秘書などに発行される国会通行証を貸与していたことを認めた。落選中だった立憲民主党の吉田統彦衆院議員(比例東海)に頼まれて、自身の業務に関係なく渡していたという。

出典:ZAKZAK

立憲民主党の吉田統彦衆議院議員に依頼を受けたらしいのですが、仮に事実であれば、複数の野党へ波及していく、非常に大きな不祥事へ発展します。

特に、野党の中で一番勢いのある立憲民主党は、クリーンさを売りにしています。

野党へのインパクトは、相当なものです。




軽率と反省も詐欺で逮捕の可能性は?

この不祥事・疑惑を受けて専門家は、詐欺にあたる可能性を指摘しています。

法律の専門家は「場合によって、詐欺の疑いもある」と語っている。

出典:ZAKZAK

元東京地検特捜部副部長で弁護士の若狭勝氏は「場合によって、議員は(国会通行証を発行した衆院に対する)詐欺に問われる可能性がある。依頼した人物も共犯の疑いが出てくる」と話す。

出典:ZAKZAK

国会は、日本の政治の中枢を担う政治家が集まる場所です。

誰でも入っていいというわけではなく、しかるべき手続きを経て適切と判断された者のみが入ることが許されるべき場所ですし、現実にもそうでしょう。

今回の「貸与」がなぜ問題なのかというと、届け出た人とは違う人に、無断で貸与された疑いがあるからです。

つまり、国会という日本政治の中枢にあたる場所で事実とは違う届け出をして、入ってはならない者(しかも「犯罪者」)が国会へ入っていたことを、政治家が主導していたことになるのです。

これは、深刻な犯罪行為とみられてもやむを得ないでしょう。




昭恵夫人のコメントは?

片山さつき疑惑と大西健介疑惑に揺れる日本の国会。

不毛感も漂う中、もう一人の疑惑のデパートとして知られる昭恵夫人(安倍首相夫人)が以下のようなコメントをされて、さらなる炎上を呼んでいます。




片山さつきへの影響は?

マスコミの裏の世界の事情はわかりませんが、与党の片山さつきへの相次ぐ攻撃に、自民党側が野党へ反撃に転じるために、大西議員の情報をリークしたのではないかと見る向きもあります。

これで野党が怖気付く可能性もありますが、それでは自民党側の思うところでしょう。

一番喜んでいるのは、片山さつきさんかもしれませんし、現実にはその可能性が高いでしょう。

これは推測の域を出ませんが、追及されると困るネタは野党も与党も持っているはずです。

今後も、そういったネタの応酬が続いていくのではと思っています。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする