仕事行きたくないなら適当に働きましょう!サボる工夫も教えます!

Pocket

日曜の夜とかは、「仕事行きたくない」って思いますよね。「仕事がおもしろくない」とか「上司との人間関係」とか、理由はいろいろあります。そこで今日は、適当(テキトー)に働く・サボる工夫を解説します。







仕事行きたくないなら適当に働いてOK

仕事行きたくない

日曜の夜になったら襲ってくる感情、「あぁ、明日嫌だなぁ」。

多かれ少なかれ、みんな経験している感情です。

昭和の時代を生きてこられた方なら、「忍耐こそ美学」「甘えだ!」というコメントが出てきそうです。

でも、今は「令和」です。

会社にしがみつかなくても、生きていくことは可能です。

「不安だ」って思うかもしれませんが、それは自分が固定観念に囚われているだけです。

出世したいのなら、仕事をがんばるんじゃなくて「上司に気に入られることが先決」ですし、出世しなくていいなら、なおさら仕事なんて適当でいいです。

だって、会社にはたくさんの人がいるので、自分が必死にならなくても、誰かが穴埋めしてくれるからです。

結局、テキトーに働いても、誰にも迷惑はかからないんです。

サボる工夫を教えます

仕事は適当に

工夫は3つあります。

忙しいフリをする (工夫1)

忙しい人に追加で仕事を頼むのは、誰しも嫌なものです。

仕事を頼まれる立場としては、そこを逆用して、「忙しい雰囲気」を出しておきます。

ただ、忙しいふりをしている人は、「肩の力が抜けている」ので、はたから見ているとすぐにわかります。

なので、難しい顔をしながら、肩に力を入れてパソコンを必死で叩いておきましょう。

頼まれた仕事はギリギリに出す (工夫2)

本来は早めに出すべきですが、早めに出すと「まだ余裕がある」と受け止められてしまいます。

忙しい感を出すには、成果物は意図的に遅く出すべきです。

早めに出しても、自分に何のメリットもありません。

給料も職階も変わらず、忙しくなるだけです。

単純作業は他人に任せる (工夫3)

単純作業は、価値が高くないのに時間だけかかります。

その仕事をまともに受けていては、無意味な残業をする羽目になり、ドツボにはまってしまいます。

職場の雰囲気を敏感に読んで、その仕事の話が話題になっていたら、さっとトイレやコンビニへ行きましょう🏃

次の記事

: https://joholinear.com/no-work-get-money/




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする