女子受験生差別は当たり前? 男性と女性の医者できることは違う?

Pocket

「女子受験生差別は当たり前!」 医師で芸能人の西川史子さんの発言で、大炎上しています。曰く「男性医師と女性医師のできることは違う」というのが論拠ですが、東京医科大の一律減点での女性差別・女子受験者差別は当たり前なのか、まとめました。

東京医科大の女子受験者差別と一律減点問題

東京医科大で勃発した女子受験者差別問題は、とどまることを知りません。

裏口入学問題で有名な東京医科大が、今度は女性差別が発覚しました。女子受験生を一律原点して女性の合格率を意図的に下げていたのです。ひどい話ですが、なぜバレたのでしょうか?過去の不合格者がどうなるか、再度不合格者も含めてまとめました。

少なくとも2011年から続けられているという根深さに加えて、大学関係者の肯定発言が物議を醸しています。

東京医科大学での大スキャンダル「女子受験生の一律減点問題」が世間を賑わせていますが、「女性差別は他の大学医学部でもやっている」「順天堂大学と昭和大学がやっている」 という疑惑も方々で報じられています。「どこの大学なのか?」「医学部女子差別はなぜか?」をまとめました。

詳細は上記の関連記事に譲りますが、女子受験生の得点を「女性というだけで」一律減点していたのです。

曰く、「女性医師は男性医師に比べて劣るから」というのが大学関係者のコメントですが、もはや前近代的との誹りを受けてもやむを得ないほどの、愚かな考え方です。

当然ながら、方々で非難の声が一斉に挙がっているのですが、なんと「女性の立場から」差別を肯定している意見も出ています。

女子受験生差別は当たり前?

世論の流れが「女性差別はけしからん、東京医科大学はダメだ!」という流れにある中、それを肯定していると受け止められかねない発言を西川史子氏がしたのです。

まずは、彼女の主張をおさらいしてみましょう。

当たり前です、これは。(東京医大に)限らないです、全部がそうです

出典:スポニチ

東京医科大学の行動を全肯定しているかのような発言に加えて、他大学医学部でも普通にやっていますと受け止められるような発言です。

これに加え、女性医師が特定の分野に多いとの指摘もされています。

女性医師の割合が増えたら「世の中、眼科医と皮膚科医だらけになっちゃう」と医療の現場を知る者として指摘。

出典:スポニチ

筆者は眼科と皮膚科を受診したことがありますが、両方とも男性医師だったので、すぐには頷けないですね・・・。

ふぅん、そうなのか・・・、って感じです。

このほかにも、妊婦医師を想定した発言もされています。

おなかが大きくては手術はできないんです。だからやっぱり、女性と男性の比率はちゃんと考えてないといけないんです。

出典:スポニチ

たしかに妊娠中は執刀はできないでしょうが、それは産休・育休の制度を完備すれば解決する話に思えます。

妊婦でなければ、男性医師と女性医師のお腹周りのサイズは変わりません。

男性医師と女性医師はできることが違うと西川史子氏

このほかにも、西川史子氏はいくつか発言をされています。

まずは、成績に関してです。

(成績の)上から取っていったら、女性ばっかりになっちゃうんです。女の子のほうが優秀なんで

出典:スポニチ

これに関しては、「男子に比べて女子の合格率が低い」の反論にはなり得ません。

今回問題になっているのは、「合格者に占める女性の割合が少ないこと」ではなく、「男性の合格率に比べて、女性の合格率が極端に低い」ことにあるからです。

体力・体格面については、以下のように発言されています。

重たい人の股関節脱臼を背負えるかって言ったら、女性は無理なんです

出典:スポニチ

これも、医師が必ず背負う必要はなく、助手に屈強な男性を雇えばいいだけの話です。

(女性は)外科医は少ないです。外科になってくれる男手が必要なんです。

出典:スポニチ

これも、経済の論理を使えば改善できる話でしょう。

確かに西川氏のいうように、外科になってくれる男性は必要なんでしょうが、そうならば外科医師になってくれる男性医師にたくさんの給料を払えばいいだけの話です。

「外科医になってほしい」というニーズと、「外科医になりたい」の供給がマッチしないなら、それは給料や待遇を改善させることが急務で、女性合格率を下げることが直接的な解決にはならないのです。

頭のいい西川史子氏にしては、論理破綻が目につく発言なので、「正しいことを言いたい」というよりは、「物議を醸して炎上させたい」という意図の方が見え隠れする発言でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする