チアリーディング部のパワハラはどんな感じ? 日本大学でまたいじめで繰り返す事件!

Pocket

アメフト問題で世間から大ブーイングの日本大学で、事件が繰り返すのはなぜでしょうか?今度はチアリーディング部のパワハラを放置していたのです。日大チアリーディング部のいじめ事件はどんな感じだったのかまとめました。

チアリーディング部のパワハラはどんな感じ?

パワハラ問題

日本大学のチアリーディング部で、パワハラ事件が発生しました。

報道をかいつまんで説明すると、以下の感じです。

女性監督は今年2月、当該女子部員に対し「大雪の日に事務員に頼んで練習をなくそうとした」と、事実でないことを部員全員の前で名指しして叱責。

出典:ZAKZAK

もはや、言いがかり以外の何物もないです。

チアリーディング部は女性ばかりの部員で、監督も女性ですが、出身高校のジャージを着ていた女性部員に対し監督が以下のような暴言をはきました。

学校の恥。今すぐ脱げ

出典:ZAKZAK

これだけではありません。

けがを負っていたが、監督からウソだと疑われ、大会に出場させられそうになった

出典:ZAKZAK

もはや指導の体をなしていませんね。

「監督」という立場を利用した、正真正銘のいじめです。

日常で相当ストレスが溜まっていたんでしょうか。

腐っているのは、監督だけではないようです。

一連の行為を受け、他の部員からも事実と異なることで責められるようになり、女子部員は自殺を考え、学校に通えなくなった。

出典:ZAKZAK

アメフト部問題に代表されるように、日大には、人格的に問題のある方が少なからずいらっしゃるようです。

もはや組織が腐っている!

日大に限らず、パワハラはどこの組織でも起こりうる問題です。

ただ、発覚した後の対応で、組織の考え方や姿勢が表れてきます。

そういう意味では、日本大学の姿勢は最悪でした。

組織が腐っていると思われても、反論できないでしょう。

そうです、通報に真摯に向き合わなかったのです。

「学生を必ず守ります!」という文書を学内で配布しているそうですが、パワハラを受けた元女子部員に対して、まともな対応をしなかったのです。

私はもう一度学部に助けを求めようと思い、家族を通じて問い合わせをしました。しかし、『今回の文書はアメフトの件なので、○○さん(私の名前)の事とは関係ない』と、言われました。私は一瞬期待してしまいましたが、やはりだめなのかと思いました」と、大学側の対応に失望した

出典:デイリースポーツ

日本大学でまたいじめで繰り返す事件!

危機意識が決定的に欠けていた!

うやむやにすればいいという発想もあったのでしょう。

ただ、「あぁ、またあの日本大学ね」という視線が世間から送られていることを忘れてはいけません。

日本大学の事件が他にもないか、匂いを嗅ぎまわっているメディアも少なからずいるでしょう。

そのあたりの危機意識が大きく欠落していたと思われます。

つまり、通常のケースでは黙殺されてしまいかねない小さな事件でも、メディアの耳にはいれば大きく取り上げられる状況にあるのです。

そうでなければ黙殺していいというわけではありませんが、通常の状況よりも危機意識を強く持って行動する必要があったのです。

他にも事件は?

組織風土というのは、いい文化も悪い風土も組織全体へ浸透して行きます。

アメフトだけなら、「あのクラブは特別だった」という見方もできるんでしょうが、同じような事例が他のクラブでも出てきたとなると、他にもあるだろうと思わざるを得ません。

現時点で表に出てきているのは、アメフトとチアリーディング部だけですが、近いうちに他の問題も出てくる可能性が高いでしょう。

何よりも問題なのは、我々が今回程度の問題・スキャンダルでは驚かなくなっている点です。

「まぁ、日大ならこれくらいのことは起きるでしょうし、してるでしょ」的な目で見ているということです。

そのあたりを、大学の方々は真摯に受け止めて、少しずつ信頼を回復させてほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする