日大アメフト部タックル問題で大学と監督の対応が鈍い・不誠実?被害者よりも組織・理事を守るなら当然か?

Pocket

日大アメフト部タックル問題のニュースは、おさまることがありません。大学と監督の対応が鈍い・不誠実なのも、世間の反感を買っている・報道しやすいことに貢献しているのでしょう。大学・監督の対応が、「被害者よりも組織・理事を守る」ことなら当然かを考えてみました。

日大アメフト部タックル問題

2018年5月6日に発生した、日大アメフト部の悪質タックル問題。

連日さまざまなメディアで報道されているので詳細は触れませんが、大きな話題になる理由はただ一つです。

「当時の日大アメフト部内田正人監督が、井上コーチなどを通じて、選手へ関学のQBを怪我させる指示を出したのか?」

これに尽きます。

答えはYesかNoしかないのですが、当の選手と監督・コーチの見解が全く対立しているので、大きな問題になっているのです。

対応が鈍い・不誠実なの?

日本では多くの場合、「誠実な行動」「悪いことをしたら謝る」が重宝されます。

さまざまな状況証拠から見ると、加害者の選手の主張が正しく聞こえるのに、全く異なる主張を監督・コーチがするので、世間には「不誠実」と映ってしまいます。

それに加えて、監督が体調不良を理由に入院する・大学広報が従来主張以上の詳しい経緯などを、スピーディに説明しないため、対応が鈍いと評価されています。

つまり、大学・監督・コーチ側が日本で重宝されがちな行動と全く異なる行動をとるので、どうしても世間の神経を逆撫でし、報道が炎上しているのです。

被害者よりも組織・理事を守るなら当然か?

真相は、監督・コーチ・大学・加害者の選手にしかわかりません。

なので、監督・コーチ・大学側が「正しいことを言っている」ケースと、「事実と異なることを言っている場合」に分けて、「組織の立場」から行動を紐解いてみました。

正しいことを言っている場合

正しいことを言っているということはつまり、「加害者である選手が誤解した=選手が間違えている」です。

これが仮に事実なら、たとえ世間の反感を買っても、もっと声高に「選手が誤解したんだ!」と、どんどんアピールしていかないといけません。

世間は、「監督・コーチ・大学が嘘を言っている」と思っているからです。

風評被害は数値化できるものではありませんが、今回の一件が大学経営・アメフト部の運営に深刻な影響を与えていることは事実だからです。

自分が正しいことをしているのに悪い立場に立たされていたら、必死で挽回しないと、立場は悪くなるばかりです。

事実と異なることを言っている場合

これは、加害者の選手が正しいことを言っている場合とも読み替えることができます。

つまり、監督・コーチが「関学のQBに怪我をさせろ」という意図を持って、加害者選手に指示をしたということです。

加害者選手が正しい主張をしていたら、監督・コーチは、人を怪我させるように指示を出したことになります。

つまり、相手の選手に障害を負わせる・暴行することを、加害者選手と共謀したと認定されるリスクにつがなります。

組織・理事個人の立場から見ると、事実を認めれば刑事罰にも繋がりかねない状況に身がさらされるので、我が身のことだけを考えたらとても認められるものではありません

また、監督は大学の要職に就かれているとも言われています。

それは人事権を持っていることにもつながるので、大学に籍を置いている人からすれば、監督の立場を悪くするコメントを発することは、自分が大学に居づらくなることにつながります。

正義感よりも自分の生活の方が重要なのは、悲しいかな人間のサガなので、大学の外部に正義感が出てくるのを期待するのは酷と言えます。

つまり、加害者選手が正しいことを言っているのなら、いま日本大学・監督・コーチが取っている行動は、「人のことより、我が身が大事」という人間の嫌な一面が露骨に出ているのです。

人間の悲しいサガを露骨に見せられているので、世論が炎上しているというのが、真相ではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする