大坂なおみが未払い報酬料を支払う?提訴で元コーチに負ける可能性は?

Pocket

グランドスラム2連覇で時の人になった大坂なおみさんが、元コーチに「未払のコーチ料を支払え!」と裁判を起こされました。提訴で元コーチに負ける可能性はあるのでしょうか?未払い報酬を支払うのか調べました。







大坂なおみの元コーチに未払いコーチ料を支払う?

未払いコーチ料を請求?

女子テニス界の絶対王者だったセリーナ・ウィリアムズに次ぐ「グランドスラムの連覇」を果たした大坂なおみさん。

1度勝つのも困難を極めるグランドスラムを2回続けて勝つとなると、いよいよ覇者という評価が高まっていきます。

評価が高まるほどお金も集まってくるので、そのお金を目当てに近寄ってくる人も増えていきます。

過去の経緯は別にして、今回の元コーチによる未払いコーチ料の請求もその一つでしょう。

大坂なおみさんが檜舞台へ立つ前のコーチが、「約束した報酬を払ってほしい」とリクエストしてきたのです。




請求している元コーチって誰?

過去に指導を受けていた元コーチの「クリストフ・ジーン」氏で、「パトリック・トーマ氏」も不満を表明しているそうです。

クリストフ・ジーン

パトリック・トーマ氏




理由元コーチの提訴に負ける可能性は?

契約はあるの?

大坂なおみさんご本人がコメントを発表されていないので、報道から読み取る他ありません。

原告のジーン氏は当時報酬をほとんど受け取っておらず、大坂の父フランソワ氏と「賞金の20%を永久に受け取る契約を結んでいた」と主張するコメントを掲載。契約書は1ページながら実在するという。大坂の生涯獲得賞金は約12億円で、20%は約2億4000万円。

出典:スポニチ

口約束だと「言った言ってない」という水掛け論になりますから、今や時の人になった大坂なおみさんを相手に訴訟は起こさないでしょう。

報道からわかるように、報酬の約束が契約書で取り交わされていた可能性が高いでしょう。




裁判に負ける可能性は?

報道で示唆されているように契約書で「報酬払います」となっているのであれば、裁判で大坂なおみさんが負ける可能性は高いと思います。

原告のジーン元コーチ以外にも、トウマ元コーチも同じようなコメントを残されています。

ジーン氏の後任で、12年から約1年間、大坂を指導したパトリック・トーマ氏は「フランソワ氏は将来的に私の世話をしてくれると約束していた。コーチとしての報酬はもらっていない。個人的な時間や毎月およそ50~60万円費やした」と話し、ジーン氏と同様の主張を展開した。さらに「訴訟は回避できた。フランソワ氏が話し合いを拒否したから訴訟になった。数百万ドルを手にしたら、今度は私たちを助けもせず、ほんのわずかなお金も払ってくれないのか」とジーン氏の行動に理解を示し、一方で自身の報酬が支払われないことに不満をのぞかせた。

出典:東スポ

報道が事実であれば、立場が悪いと言わざるを得ません。

ファン的には、プレーに影響がでることが一番心配なので、なんとか早く穏やかな着地になってほしいですね。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする