みのもんた大丈夫かの声で引退は?日本と朝鮮半島戦争と歴史誤認!

Pocket

毒舌系のMCとして知られる「みのもんだ」さんが、深刻な歴史誤認で「大丈夫?」「引退の可能性が」の声が上がっています。韓国最高裁判所の徴用工判決や防弾少年団(BTS)の原爆Tシャツのニュースへのコメントで「日本と朝鮮半島は戦争をした」と発言し、「豊臣秀吉の朝鮮出兵の話?」と言われています。情報をまとめました。








韓国最高裁判所の徴用工判決と防弾少年団(BTS)の原爆Tシャツ

最近、日韓関係の火種になるようなニュースが相次いでいます。

第二次世界大戦前に自国領土として支配していた時代の韓国での行いに対し、韓国の最高裁判所で有罪判決が下されたのです。

70年以上も前の話という議論はありますが、冷静に考えると、もっともな判決ではあります。

日本の過去の行いを批判する徴用工判決が、韓国最高裁で下されました。それを受けて河野氏(外務省)が韓国政府に遺憾と批判されていますが、発言はおかしいのでしょうか?日本の対応が過剰反応なのか、日韓関係への影響も含めてまとめました。

また、原爆Tシャツで大炎上になっている防弾少年団(BTS)も、日韓関係の火種になりかねない、深刻な問題です。

防弾少年団(BTS)の原爆Tシャツが大炎上しています。ミュージックステーション(Mステ)のキャンセルに続いて、年末音楽特番が全て白紙になりました。なぜ原爆Tシャツを着たのかの理由に加えて、謝罪コメントの可能性や高須院長のやりすぎツイート・原爆ブルゾンの発覚などをまとめました。

隣同士の国ですから仲良くしたいのですが、過去の歴史背景もあって、火種になるネタはあります。

そんな模様を報道している際に、今回の主人公である「みのもんた」さんの発言が批判を浴びています。




みのもんたの歴史誤認

日本と朝鮮半島は戦争をしたと歴史誤認

なにかと物議を醸す発言の多い、タカ派のみのもんた氏。

かつては切れ味鋭い発言で出演者を圧倒していた感がありますが、最近は首を傾げたくなるような問題発言も見受けられます。

今回批判にさらされているのは、韓国との歴史関係についてです。

みのは「朝鮮半島と日本が戦争したということは、これは事実だからね」と発言。武藤氏と松川氏が戸惑ったように「していないですよ」とツッコむも、みのは「まあでも戦争ですよね」と発言を撤回せず。松川氏から「戦争はしてないです。日本と韓国が戦った事は一回もありません」と修正が入るも、「ちょっとおかしいと思うのは、朝鮮半島を植民地にして日本が統治した」と間違った歴史認識を披露していた。

出典:nifty

どういう形態で朝鮮半島を支配したかは議論が多いデリケートな論点なので、ここでは是非は議論しませんが、日本の公式な見解では「自国領」という位置付けになっています。

植民地は「自国領」ではなく、「他国領を支配している」という形態なので、日本の公式見解とは齟齬があります。

また、「自国領に編入した」という位置付けを日本は取っているので、「戦争で獲得した」という考えは採用していません。

そことも相容れない見解を、みのもんた氏は公の場で明らかにしたことになります。




「豊臣秀吉の朝鮮出兵の話か?」の声

日本の公式見解が絶対的に正しいと言えるかは別の議論で、不毛な感じもします。

自国領か他国領かは問題の中心ではなく、悪いことをしたかどうか、謝罪したかどうかが問題の中心でしょう。

なので、そことあっているかを徹底議論するのはあまり益がないというのが、筆者の意見です。

ですが、そこが許せない人たちもいるようで、みのもんた氏は批判にさらされています。

戦争をしたのは豊臣秀吉の時代なので、その時代のことを言っているのか?なんてことを言う人もいます。




みのもんたは大丈夫?引退の可能性は?

切れ味が鈍ってきたことや、そのあたりの背景を無視した持論を展開することで、「みのもんたは大丈夫か?」「引退か?」という声も出ています。

体調は悪くないようですので引退はされないでしょうが、往年の切れ味を知る者としては、引き際を自分で決めてほしいなと思います。

余力を残して身を引く。

それも男の美学と言えるのではないでしょうか?







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする