内田正人の嘘の証言は本当?無罪に解雇無効提訴で復職の可能性は?

Pocket

日大アメフト部(アメフット)の内田正人元監督が、解雇無効を求めて提訴しました!立件見送り無罪の後の動向が注目されていましたが、なんと「選手を守るために嘘の証言をした」として解雇無効を要求しているのです。日大は争う姿勢ですが、主張が認められて復職の可能性があるのか調べました。








内田正人元監督の日大アメフト部パワハラ問題

選手にパワハラを働き、「関学の選手を怪我させて潰さないと、試合には出さない」と強要したとされる内田正人元監督。

日大アメフト部の危険なタックル問題で避難を浴びていた内田正人監督と井上奨コーチに、関東学生連盟から除名処分が下りました。どれくらい重いのか、復帰は可能なのかについてまとめました。

一連の社会的制裁を受けたかと思われましたが、なんと今までの処分はおかしいとして反撃に出ました!

なんと、日大を相手取って裁判を起こしたのです!




内田正人元監督は立件見送りで無罪

刑事裁判にかけられる可能性があった内田正人元監督。

なんと、選手への指示はなく、日大アメフト部の宮川選手の単独行動と結論づけたのです。

警視庁が、傷害罪で刑事告訴されていた日大の内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチについて、宮川泰介選手に対し相手を負傷させる危険なタックルをするよう指示した事実は認められないと判断した 

出典:ライブドアニュース

詳細は闇の中ですが、おそらく「指示した」と裏付ける証拠が足りなかったのでしょう。

警視庁は捜査1課の殺人事件担当や課内のアメフット経験者、競技場を管轄する調布署員らからなる特別捜査チームを編成。アメフット部の関係者や競技の専門家ら約200人から事情聴取したほか、試合を複数の角度から撮影した動画を解析。記者会見などでの関係者の発言についても裏付け捜査を行った。その結果、宮川選手に対し、2人が相手にけがをさせるよう仕向けた言動は確認されなかった。「潰せ」という言葉も「強いタックル」などの意味で一般的に使われており、ルールを逸脱し、相手を負傷させることを意図したものとはいえないと判断した。宮川選手は記者会見などで「けがをさせるのが目的で、監督やコーチの指示だった」と説明。内田氏らは「反則やけがをさせることを意図した指示はしていない」と否定していた。

出典:ライブドアニュース

様々な報道であれだけあきらかな証拠が残っている中でのこの判断ですから、開いた口がふさがりません。

これで、法律・裁判という観点から内田正人氏は、「悪いことしていません」というお墨付きをもらったことになりました。

内田正人氏にとって、道義的責任に関心はないでしょう。

法律的に「罪があるのかないのか?」がポイントだったのでしょう。

その後の行動でよく分かります。




解雇無効で提訴!選手を守るために嘘の証言?

日大を解雇されていた内田正人氏。

なんと、日大を相手取って「解雇は無効だ!」と裁判を起こしたのです。

「ヒアリングを受けて証言した内容は、自分が悪いと証言することで日大アメフト部の宮川選手を守るためだった」という趣旨です。

つまり自分は善人になりすぎたので、こんな立場においやられたのですから、あれは無効だと認めてくださいという論法です。

こんなことがまかり通ったら道理も何もない世界ですが、内田正人氏としては「自分の証言以外に確たる証拠がない」と見透かしての行動だと思われます。

そこを否定してしまえば、「解雇が妥当だとする証拠が無いはず」と見ているようです。

どこまでもしたたかな人だなぁと、感心せずにはいられません。

今後はどのように展開するのでしょうか?

当然ながら日大は、以下のようにコメントしています。

日大企画広報部は「回答は差し控える」とのコメントを出した。

出典:共同通信




内田正人元監督の復職の可能性は?

仮に裁判で「解雇は無効です」と認められたら、復職できない理由はありません。

兎にも角にも裁判の結果次第ということになります。

日大側としては、どこまで「解雇は妥当」とする証拠を整えていたかどうかが問題です。

世間の善悪的には、裁判で解雇は有効とされてほしいですが、果たして証拠的にそうなるのか注目です。




日大は争う姿勢!

日大の対応が注目されていましたが、争う姿勢を示しました。

悪質な反則を指示したとして懲戒解雇された日本大アメリカンフットボール部の内田正人前監督(63)が、解雇は無効だとして地位確認などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、東京地裁であり、日大側は争う姿勢を示した。

出典:共同通信

ここで無効ですと認めてしまっては、いままで何をしてきたのか?ということになるので、当然でしょう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする