元マラソン女王で万引きの原裕美子が公判で今後判決はどうなる?今どうなってるかまとめ!

Pocket

元マラソン女王で万引きをした原裕美子被告の公判が行われました。今後判決はどうなるのか、今どうなってるかをまとめました。

元マラソン女王の原裕美子被告

初マラソンだった2005年の名古屋国際女子マラソンでの優勝や、2007年の大阪国際女子マラソンの優勝という輝かしい経歴をお持ちです。

世界の舞台でも、2005年の世界陸上ヘルシンキ大会女子マラソンでは、日本女子最高の6位入賞を果たされています。

万引き

元マラソン女王という輝かしい経歴を持っていた原さんですが、2018年の2月にお菓子をスーパーで万引きしたことを理由に窃盗罪に問われてしまいました。

詳細は後述しますが、小学生のときや選手時代に万引きをしていた過去を明らかにされました。

公判で今どうなってる

罪を犯してから裁判までの流れ

罪を犯したら、すぐに判決が出るわけではありません。

逮捕されたら、まず警察署へ連行されます。

そして取り調べを受けて、釈放/検察へ送られるのジャッジが行われます。

検察へ送られた後も、24時間以内にそのまま身柄を拘束しておくか、釈放するかが判断されます。

仮に釈放されても、起訴されるかは検察で検討されます。

起訴とは、裁判所に「あの人は罪を犯しました」と訴訟を起こすことを言います。

裁判が始まってからの流れ

裁判所で行われる裁判のことを「公判」といいますが、公判は多くの場合1〜3回で終わります。

そして裁判所で検討され、最終的に判決が下ります。

判決に不服だったら、高等裁判所へ裁判を持ち込み、それでも不服なら、最高裁判所へ裁判を持ち込みます。

裁判はどこまで進んでる?

前橋地方裁判所というところで開かれている公判の、2回目まで進んでいます。

そこで原裕美子被告に対して行われた質問で、以下の過去を明らかにされました。

  • 小学生のときに万引きしていた
  • マラソン選手時代に食料品を万引きした

合わせて、選手時代に監督から理不尽な仕打ちを受けていたことも、合わせて明らかにしています。

選手時代を「常に空腹、のどの渇きを感じていた」「どの大学、実業団でもやっていない厳しい体重制限を私だけやらされた」と振り返り、実業団に入団後の合宿では買い食いをしないように監督に財布を取り上げられた

出典:産経新聞

今後判決はどうなる

万引きを推奨するわけでは決してありませんが、麻薬や殺人の犯罪とは悪質さでは劣ります。

ご本人が罪を認めていることから、おそらく高等裁判所・最高裁判所へ持ち込む(「上告」といいます)ことはせずに、地方裁判所での判決で確定する可能性が高いでしょう。

どんなに思い判決でも、罰金レベルでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする