椎名桔平のデビューのきっかけはさんま! イケメン俳優の若い頃の決断は?

Pocket

男前の色気を醸し出す椎名桔平さん。本格的なハイ龍デビューのきっかけはさんまさんだった! イケメン俳優の若い頃の決断に迫ります!

椎名桔平と俳優デビュー

大学の知人に紹介してもらった寺田農の付き人をつとめたのが、俳優業界へ入る最初です。

やがて21歳になったときに、倉本聰監督の映画「時計 Adieu l’Hiver」へ出演することがでいました。

その後、石井隆監督の「ヌードの城」での役で注目されたことをきっかけに、俳優のステージを上がって生きました。

代表作には、「不夜城」「アウトレイジ」「Age, 35 恋しくて」があります。

きっかけはさんま! イケメン俳優の若い頃のデビュー決断は?

椎名桔平さんとサッカー

18年6月14日に日本テレビで「衝撃アノ人に会っていた!」(以下「アノ人」)で、椎名桔平さんはビデオ出演されました。

「アノ人」では、俳優の道を晋きっかけになったのは、さんまさんだったことが明かされています。

椎名桔平さんは、小学生の時に始めたサッカーが相当なレベルで、高校時代には国体へ出場した実績があります。

もちろん大学でも、よりレベルの高いステージでのサッカーを望んでいたのですが、アマチュア規定に触れてしまう活動がきっかけとなって、学生サッカーの道を断念したという過去があります。

この苦い過去が、予想外の展開で俳優の世界の扉を開くことになります。

さんまとの出会い

どんな世界・仕事でも、大きく飛躍する「きっかけ」となる出会いがあります。

椎名桔平さんの場合は、さんまさんとの出会いだったようです。

といっても、口を開けて待っていて、上から幸運が落ちてきたといったものではなく、自分から掴み取りに行ったというものです。

おおよそ30年前、さんまが参加している「ザ・ミイラ」という芸能人サッカーチームがありました。

「ザ・ミイラ」の試合も、たまたま目にした番組だったというのが、運命の出会いと感じずには入られませんが、以下のように考えたようです。

得意なサッカーを武器に「まずはテレビに出て(自分を)知ってもらうことだ」と考えた

出典:スポーツ報知

ただ、相手は相当な有名人なので、単身乗り込んで行っても相手にしてもらえません。

そこで、なんとサッカー協会に直談判にいって、「ザ・ミイラ」へ入る大チャンスを掴んだのです。

試合で、さんまさんが上げたセンタリングを絶妙のジャンピングボレーで、ゴールを決めたシーンが、俳優としてキャリアを立てるきっかけになったと仰っています。

サッカーでゴールを決めるには、チームメンバーの様々なアシストと相手チームのちょっとした隙が必要です。

感覚的なものなので他人には知るよしもありませんが、そういった機微を体感したことが非常に大きかったと感じられたのかもしれません。

現に、以下のようなコメントを残されていて、何か気持ちの中で大きく変わったことがあったのが伺えます。

「あれで(迷いが)吹っ切れた。」と、文字通りの人生の“アシスト”に感謝した。

出典:スポーツ報知

今となってはサッカーが、俳優の道を決断する大きな恩人になっていますが、それまではどちらかというと辛い過去だったかもしれません。

こういう話を耳にすると、人生で無駄なものはない、工夫と活かし方次第というのを実感しますね。

さんまさんも、当時のことはよく覚えているようで、当時を振り返って以下のように回想されています。

「覚えてる。(椎名)桔平くんが、どの道に進んでいいかわからないって言うから、『そんな男前なんやから俳優になればええやない』って。

出典:ナリナリドットコム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする