錦織圭が四大大会で勝てない理由は?なぜグランドスラムで優勝できない?

Pocket

またしても四大大会で錦織圭の決勝進出の夢は断たれてしまいました。なぜ、グランドスラムで優勝できないのか、勝てない理由をまとめました。







錦織圭が四大大会で勝てない理由

最強王者が3人もいる

どの時代にも王者と呼ばれる選手はいますが、2000年代以降は最強王者が3人もいる状態が長く続いています。

しかも彼らは、多少の故障を抱えてはいるものの、3人とも非常に好調という状態が続いているので、手がつけられないのです。

そんな中で錦織圭は何度もベスト8に進出しながら、その行く手の多くを絶対王者のノバク・ジョコビッチに阻まれ続けています。

ベスト8までに体力消耗

様々なメディアで言われているのでいまさら感はありますが、ベスト8へ残るまでに「フルセット」になっている割合が、トップ3と比べて突出しています。

つまり、格下相手にかろうじて勝っているので、体力を消耗してしまっているのです。

100パーセントの状態でぶつかってどうかという相手に、体力的なハンデを背負って勝てるはずがありません。

つまり、彼らとぶつかる前に勝負が決してしまっている状況を、まずは変えないといけないのです。

そのあたりはご本人も重々承知されていて、「3セットで勝てるようにしないといけない」とコメントされています。

そこがクリアできたときに、「BIG3」との試合は、これまでとは違ったものになるでしょう。

【次の記事】

テニスの四大大会3連覇の歴代達成者リスト!大坂なおみの可能性は?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする