カネカのワークライフバランスのページが削除はなぜ?パタハラ批判?

Pocket

カネカが育休明けの従業員に転勤強制したとして、パタハラ批判に晒されています。カネカは、「ワークライフバランス重視」を掲げているのですが、ホームページ・ウェブサイトが削除されたのはなぜかをまとめました。







カネカが育休明け従業員にパタハラ?

育休明けの転勤強制批判に「問題なし」と反論で企業イメージ悪化か?

育休明けの従業員に転勤を強制したことがきっかけで、批判にさらされているカネカ。

しばらくなりを潜めていましたが、「当社の対応は問題なし」と公表しました。

おそらく、法律上は問題ないのでしょうが、「企業価値・イメージ」についてはかなりの痛手を被ったでしょう。

カネカのワークライフバランスのページが削除はなぜ?

批判の高まりを受けてカネカは、「ワークライフバランスを重視する」というページを非公開(削除?)したようです。

ググると検索結果には出てくるのですが、クリックすると「ページは存在しない」と表示されます。

カネカのワークライフバランス

 

カネカのホームページ

 

出典:カネカホームページ

ただ、検索画面に十分に表示されているので、カネカの考え方が示されています。

「柔軟な働き方の拡充」「仕事と家庭の両立」というキャッチフレーズは、今回の一件で格好の批判のネタに晒されるとの判断で、削除?したのでしょう。

いわゆる危機対応と言われる現状ですが、より批判を煽るだけなので、あまり賢明な対応とは言えませんね。

【次の記事】

TSUTAYA店員損害賠償の可能性は?SNSも漏洩の証拠?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする