イッテQやらせ疑惑日テレでっち上げが判明!宮川謝罪や内村光良のコメントは?

Pocket

「世界の果てまでイッテQ」で、やらせ疑惑が浮上!文春砲炸裂に日テレが逆ギレ反省なしで完全否定しつつも一部誤解表現として謝罪が、ラオス政府の抗議で日テレのでっち上げが判明!宮川大輔の謝罪やウッチャン(内村光良)やナイナイ岡村・松本人志のコメント、日テレ正当化の真相と番組打ち切りの可能性をまとめました。








世界の果てまでイッテQのやらせ疑惑で文春砲炸裂!

クイズ番組はスタッフがクイズを仕込んで、番組で誰が正解するかを競うのが王道です。

ところが、イッテQは出演者自らがロケへ出向きクイズの答えを探しに行くというのが特徴です。

そして何よりも、ロケの場所が日本に限定されていないという、もはや冒険物語に近いのが最大の売りです。

MCはウッチャンナンチャンの内村光良で、10年以上続く長寿番組です。

日テレが手がける番組でも高視聴率で知られ、2010年には22.6%を記録するなど、かなりの人気番組です。

https://twitter.com/michimichikaiw1/status/1060478727107207169

そんな同番組ですが、日テレの看板番組とも言えるイッテQでなんと「やらせ疑惑」が発覚したのです。

例によって指摘したのは、文春砲で知られる「週刊文春」。

やらせの模様を微に入り細に入り詳しく報じています。

問題になっているのは、5月20日放送分の「橋祭りinラオス」。実際の放送では、自転車で橋に見立てた全長25メートルの板を渡り、スピードなどを競う祭りだと紹介している。4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行われ、宮川が祭りに参加した一部始終が放送された。文春は、ラオスでこの「橋祭り」を手伝った人物に接触。「日本のテレビ局から、撮影セットの設計図とスケジュールが送られ、設営を手伝った」と証言した。さらに、参加者を動員させられたとも証言し、参加者は、賞金をもらった、などと同誌に語っている。

出典:日刊スポーツ

番組の趣旨としては「現地のイベントに参加した」という建前なのに、文春砲の報道が事実なら、日テレが企画して日テレが金を出してやらせたという、まさに「やらせ」そのものになってしまいます。

テレビの世界では「やらせ」は頻繁にあるので、今に始まった話ではありませんが、看板番組相手に文春砲が炸裂してしまっては、日テレも面白いはずがありません。




日テレは逆ギレ反省なしの完全否定も一部誤解表現として謝罪

文春砲を受けて日テレが動きます。

文春の報道は事実無根である旨の声明を出したのです。

「今回の企画は現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はない」と説明。橋祭りが「毎年今回の撮影場所で実施されているかのような、誤解を招く表現」があったとして「真摯に反省すべき点があった」とした。

出典:共同通信

まさに全否定といえる内容です。

ただ、「誤解を招く表現」のくだりが解せません。

そもそも、「イベントそのものがやらせでは?」と疑惑がかかっているのに、大勢に影響のない論点で謝罪しているからです。

論点をずらそうという意図にも見えます。




文春砲の言いがかりか日テレの正当化か?

顔に泥を塗られた格好の文春も対抗します。

週刊文春によると、日本人駐在員や駐日ラオス大使館は「橋祭り」を「聞いたことがない」といい、同誌はコーヒーフェスティバルの片隅で行われた自転車アクティビティーにすぎないとし、タイ人スタッフが日本の番組に頼まれてセットを作ったという話も掲載している。「しかし『イッテQ!』のエンドロールに、『海外コーディネーション』としてクレジットされているM社の社長は、『週刊文春』の取材に対し、ラオス『橋祭り』を自ら企画したことを認めています。また、タイ人スタッフから、セットの設営はM社からの依頼によるものだとの証言を得ています。さらに、『賞金』についても、M社社長は参加者の少年たちへの『協力費』名目で金銭の支払いを認めており、少年たちからは『賞金』や自転車などを受け取ったとの証言を得ています」と根拠を挙げて反論。「したがって、番組で放送されたラオス『橋祭り』が、これまでラオス・ビエンチャンの同地で開催されたことはなく、『イッテQ!』放送のために、番組サイドが企画、セットの設置にかかわって作られたものであることは、11月8日発売号の記事で報じた通りと考えています」と報道に自信を示した。

出典:スポニチ

両者の主義主張が真っ向から対立していますが、週刊文春の報道に根拠のある強さを感じてしまいますが、どうなんでしょうか?

両者の主義主張が対立しているということは、どちらかがウソをついていることになります。

問題や事件が起きた時の対応に関し、元大阪市長の橋下徹氏は以下のようにコメントされています。

自分の行動を正当化するのに必死になってしまう。そしてその正当化が目的化し、そのために支離滅裂な言い訳を展開し、ボロボロの評価に陥っていくというのが、何度も他人の同じ失敗を見聞きしているくせにプライドの高い人たちが陥ってしまうテッパンの失敗パターンだ。

出典:President online

つまり、仮に日テレ側に非があるのなら、真正面から非を認め、きっちり謝罪をする必要があることを示唆しています。

数々のとくダネで知られる文春砲なので、日テレとしてはきっちりとした根拠・証言を持って「あなたの言い分はデタラメですよ」と真正面から正々堂々と主張しないといけないでしょうね。

現時点の報道だけを見れば、日テレ側の正当化の線が濃いように見えてきます。




宮川大輔の謝罪は?

インターネットやSNSで宮川大輔の謝罪の有無を調査しましたが、ありませんでした。

番組では以下のようなコメントをされているのですが、現時点では謝罪の意思はないようです。

「イッテQ!」の番組内でタレントの宮川大輔(46)は「今ラオスとかアジアでものすごい大人気なんです」とコメントしており、虚偽の説明をしていたこともあぶり出された。

出典:東スポ

ただ、でっち上げだったことは宮川大輔は百も承知だったはず。

芸能人としての前に、信義の観点から正式な謝罪は必要でしょう。




内村光良(ウッチャン)の謝罪コメントは?

番組のMCの内村光良さんが、ななななんと、謝罪したのです!

・・・ってのは冗談で、今回の騒動を受けてなんらかの謝罪コメントをしているのか調査しました。

現時点では謝罪ではなく、以下のように日テレ側の肩を持つコメントを出されています。

「僕は、信じています」11月8日夜、自宅に戻ったウッチャンこと内村光良(54)は、本誌の直撃にそう答えた。

出典:FLASH

日テレの見解と相違するコメントを出すわけにはいかないでしょうから、日テレと文春砲のどちらが正しいのかが見通せた段階で、コメントされるのではと思います。




日テレのでっち上げが判明!ラオス政府の抗議で

事件が新展開を見せました!

なんと、ラオス政府からの抗議で「日テレのでっち上げ」が判明したのです。

ラオス情報文化観光省の関係者は、FNNの取材に対し、日本テレビのバラエティー番組で、「橋祭り」と紹介されたイベントについて、「ラオスの祭りでも文化でもない」と強く否定した。撮影の認可作業に関わったこの人物は、「『祭り』を紹介する企画だと、事前に知っていたら許可は出さなかった。なぜなら、このイベントは、本当の祭りではないからだ」と話している。また、「日本人は、誠実な人たちだと思っていた。今後は、もっと申請を精査する必要がある」と述べ、政府内で対応を協議していることを明らかにした。

出典:FNN

既に公式声明で「文春砲は事実無根!」と宣言してしまっているので、日テレは嘘八百を公言していたことになりました。

まさに橋下徹弁護士の言う「支離滅裂な正当化」「ボロボロの評価へ・・・」まっしぐらの展開です。

一体どうやって言い訳するんでしょうか?

日テレは今回2つの大罪を犯しています。

  • 嘘を嘘で上塗りした
  • 日本人の誠実性に疑問符をつけた

世界に向けて赤っ恥を晒したのです。

社長が出てきて公式の謝罪は必要でしょうし、イッテQの放映取りやめは不可避でしょう。

とにもかくにも、文春砲の全否定が痛恨事となりました。




ナイナイ岡村のコメント

今回の事件を受けて、ナインティナインの岡村がコメントを出されています。

いかにも彼らしいコメントですが、暗に「こんなんどこでもよーある話やで」と言っているように聞こえて仕方がありません。

梅沢さんも同様の趣旨のことを言っています。

松本人志のコメント

はっきりとは言ってませんが、今回は日テレがクロと断言しているように聞こえますね。

その国の人にしたら、そんな祭りやってないのに毎年やってると言われるのは、日本人がもしそれをやられたらと考えたら多少気持ちがよくないのも分かります

出典:ニュースマイナビ

少なくとも日テレは、上級役員級の人がラオスへ出向いて、現地の政府に全面謝罪する必要があるでしょうね。

番組打ち切りの可能性は?

今回は、世界を巻き込んだ上に日テレが全否定してしまっているので、きっちり膿を出し切った方がいいでしょうね。

その流れを汲んでか、番組打ち切りの可能性が取りざたされています。

日テレの看板番組なので経営的には痛いでしょうが、ラオス政府への反省・謝罪の意味も込めて、番組打ち切りくらいの姿勢はみせないといけないでしょうね。

カリフラワー祭りもでっち上げ!

ラオス祭りのでっち上げに続いて、タイのカリフラワー祭りでもでっち上げが発覚しました。

日テレの看板番組「イッテQ」で不祥事が噴出しています。ラオスでのでっち上げに続いて、タイのカリフラワー祭りでもでっち上げ捏造が発覚です!日テレは謝罪していますが、もはや番組に事実か?という疑念が付きまとい、真実性について信用できない状況です。情報をまとめました。

一体、日テレはどうなっているのでしょうか?







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする