岩橋玄樹の謝罪コメントと引退の可能性は?休養中にユニバで目撃!

Pocket

King&Prince(キンプリ)の岩橋玄樹さんが、休養中にユニバで目撃されたとの疑惑・噂が広まっています。本人の謝罪コメントは?最悪引退の可能性もありますが、そもそもパニック障害の方がUSJへ行って大丈夫なのでしょうか?真相をまとめました。








King&Princeの岩橋玄樹

男性アイドルグループのKing&Princeのメンバーである岩橋玄樹さん。

芸能界へ入ったのは2010年のジャニーズ事務所入所からです。

下積み時代を経て2013年には俳優デビューを飾ります。

その後2014年にはSexy Boyzのメンバーに入るなど、キャリアの階段を順調に登っています。

プライベートでも亜細亜大学へ入学するなど、充実の一途を辿っています。

https://twitter.com/iwahasi_ren/status/695824522885201922

その後2015年には今のグループの原型にあたるMr. Princeのメンバーになり、2018年にはKing & Princeのメンバーになりました。

一方で持病があったようで、パニック障害を理由に2018年11月から休養をとることになりました。




パニック障害で休養中にユニバで目撃!

医者でもない限り、「パニック障害ってどんな病気?」という知識レベルが普通でしょう。

専門家によると、パニック障害とは以下のような病気のことを言うそうです。

突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気です。

出典:パニック障害ってどんな病気?

なんとなく、精神的な理由による病気なのかなというイメージを持ちますね。

ファンとしては、「残念だけど治療に専念して、一刻も早く復帰してね!」という気持ちだったでしょう。

ところが、休養に入ってまもない今月上旬に、なんとユニバ(USJ)で目撃情報が相次いだのです。

https://twitter.com/R_renren22/status/1060115632627171328

好意的に受け止める声がある一方で、否定的な声も散見されます。

https://twitter.com/r5OESMMiJHQrTXj/status/1060164408515559424

https://twitter.com/QgITB43SVOanQrT/status/1060160635734904832

否定的なコメントの根拠は、「病気だったらそんなところ行けるの?」「休養は嘘なんじゃ?」みたいた感情でしょう。

真相はどうなんでしょうか?




パニック障害でUSJへ行くことは可能か?

病気の内容がよくわからないから批判が巻き起こるのかもしれないので、パニック障害でUSJのような人がたくさん集まるところへ行くことが可能か、調べてみました。

パニック発作自体は、多くの場合20~30分くらいでおさまりますが、何回か繰り返すうちに、また発作を起こしたらどうしようという、パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれるようになります。これは、「予期不安」といわれます。予期不安は、逃げ場のないような場所でのパニック発作や、発作を他人や大勢の人に見られることの恥ずかしさといった不安や恐怖を生み、大勢の人が集まる場所や、過去に発作を起こした場所を避ける行動をとるようになります。これが、「広場恐怖(外出恐怖)」といわれます。

出典:パニック障害ってどんな病気?

このウェブサイトの情報を見る限り、パニック障害を患っているとUSJのようなところへ行くのは難しくなる(避けるようになる)ようです。

そうすると、「パニック障害で休養って本当?」という疑惑が高まってきます。




謝罪コメントは?

そもそも謝罪する必要があるのかは議論のあるところですが、岩橋玄樹さん本人からの公式な謝罪コメントはありません。

これだけ目撃情報が相次ぐと、所属事務所が事情を明らかにした方が良いかもしれませんね。




引退の可能性は?

仮に「パニック障害」という理由が虚偽だった場合は、事態が深刻になります。

なにせ、嘘の理由で芸能活動を休止したことになるので、元横綱朝青龍が怪我で休場中にモンゴルでサッカーをしていたのと、話の次元が同じになってしまいます。

いきなり引退まで追い込まれるかどうかはわかりませんが、仮に真実でないのなら一刻も早く全面謝罪が必要ですし、真実なら「目撃情報は本人ではありません」という発表が必要でしょう。

続報を待ちたいと思います。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする