EPSの今後や将来性をわかりやすく図解解説 【仮想通貨初心者】

Pocket

「仮想通貨EPSの今後の展望は?」「Ellipsis仕組みを超簡単に教えて」今話題の仮想通貨EPSってかなり気になりますよね。そこで、仮想通貨の初心者向け超入門解説アルトコイン編の今回は、Ellipsisで使われる仮想通貨EPSの今後の展望・将来性を、仕組みの超簡単解説とともにわかりやすく解説します。

EPSの今後や将来性をわかりやすく図解解説 【仮想通貨初心者】

Ellipsisと仮想通貨EPSの仕組みを超簡単に


仮想通貨EPSは、Ellipsisというプラットフォームで使われる仮想通貨です。

中央に管理・運営する会社のいない「みんなで管理チェックしましょう」という形態のことを分散型といいますが、Ellipsisは分散型の取引所です。

取引所と言っても取り扱う商品は様々ですが、EllipsisはStablecoinのスワップ取引ができる取引所です。

Stablecoinとは、仮想通貨のリスクを引き下げることを目的に、法定通貨との交換比率が固定されている仮想通貨です。

スワップ取引は金利など様々なものを交換する取引で、リスクを下げたり投機するときに行われる取引です。


仮想通貨EPSは、Ellipsisのプラットフォームで様々な目的で使われます。

プラットフォームへ資金を提供してくれる人のことをLiquidity provider(略号:LP)といいますが、LPへの報酬に使われます。

また、Ellipsisのエコシステムへ参加することをステイキングといいますが、ステイキングの権利や、取引手数料・エアドロップを受け取る権利にもEPSは使われます。

つまり仮想通貨EPSは、持っている人がEllipsisの仕組みへ資金を提供し続け用というインセンティブとしての役割も果たしています。

仮想通貨EPSの今後・将来性

21年5月1日に更新します。

仮想通貨EPSの取引所

以下の記事でまとめていますので、是非どうぞ。

今回のブログはここまでにします(随時更新予定)。

他にもアルトコインの記事を書いていますので、ぜひどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする