高齢者の運転は何歳から禁止?池袋事故で老人ドライバーどうする?

Pocket

東池袋自動車暴走死傷事故で罪のない親娘がなくなった上に、老人ドライバーが加害者だったこともあり、あらためて「高齢者の運転は禁止するべき!」という議論が起こっています。では何歳から禁止すべきなのでしょうか?検討ポイントと合わせてまとめました。







高齢者の運転は禁止するべき?池袋暴走事故で議論再燃

2019年4月19日に発生した「東池袋自動車暴走死傷事故」で、悲しいことに罪のない親娘が二人も犠牲になりました。

突然家族を奪われた父親の気持ちを察すると、胸が張り裂けそうになります。

加害者が87歳という高齢だったことに加えて、運転前からすでに運転に支障が出ている状況だったことも明らかになっています。

今回の事件に限らず、「高齢者ドライバーによる死傷事故」は、途絶えることがありません。

まだ高齢者ではない我々には気持ちの想像がつかないのですが、実際に高齢者になったら「自分は大丈夫」という感情が沸き起こってくるのかもしれません。

そうでないなら、こんなに何度も事故は起きないでしょう。

「だったら、規則で禁止してしまえばいい」

当然の議論です。

自動車は便利な道具ですが、使い方を間違えると、とんでもない殺人兵器へ変貌するからです。

方向性としては、筆者も「高齢者の運転は禁止する」ことに賛成です。

ただ、いくつかの検討ポイントをクリアしないといけません。




禁止にあたっての検討ポイント

何歳から禁止?年齢で一律に縛るべき?

非公式長寿記録

この議論なくして、「高齢者ドライバーは禁止だ!」は語れません。

「何歳から高齢者なのか?」も注意深く検討しないと、「車がないと困る人」へ深刻な影響を与えるからです。

いろんな議論はあるでしょうが、

「60歳から認知能力・運動能力のテスト受験を義務化する」

という制度を導入してはどうかと思います。

つまり、「年齢で機械的に縛らない」ということです。

鍛え方や生活によって老化現象は人それぞだからです。

例えばイチローは45歳ですが、世の中を見渡せば同じ45歳でも「この人60歳に見える」ような人もいるでしょうし、イチローのように「20代と変わらない運動能力」をキープしている人もいます。

だから、「年齢で機械的に禁止する」のはいい方法だとは思えないのです。

交通機関がないエリアの老人どうする?

地方の田舎に住んでいる老人は、自動車の存在なくして生活ができません。

「都会で暮らせ!」とか「交通機関を津々浦々まで浸透させたら!」というのは、行き過ぎた極論です。

かといって、「〇〇というエリアは80歳になっても運転していい」という考え方も現実的ではありません。

なので、ルールは都会も地方も同じ基準で導入すべきです。

なかなか苦しい見解なのですが、

政府や市区町村が援助して「田舎用タクシー」を導入する

のはどうでしょうか?

もちろん都会ほど頻繁に走ると、予算がいくらあっても足りないので田舎の電車並みの頻度にはなります。

【次の記事】

人間の最高齢は何歳?非公式も含めた最長寿記録まとめ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする