茅ヶ崎事故で90歳が犯人!被害者と現場・車種やtwitter写真はどんな感じ?

Pocket

茅ヶ崎で自動車が4人をはね、一人が亡くなる事故が発生しました。犯人は高齢の90歳の方でしたが、事故はどんな感じだったのでしょうか?被害者と現場・車種やTwitter写真など、気になる情報をまとめました。

茅ヶ崎事故

自動車が人をはねて、死人が出てしまう事故はあとを絶ちませんが、18年5月28日も発生してしまいました。

場所は神奈川県茅ヶ崎市です。

90歳が犯人!

老いは誰しもやってくる

自動車事故を起こされる方は、特定の年齢や性別に偏っているわけではありません。

が、今回の事故は運転手が90歳だったことが、大きな注目を集めています。

程度の差こそあれ、人間には誰しも老いが訪れます。

年齢に応じて、若かりし頃は普通にできていたことができなくなり、注意力が散漫になっていくのです。

運転手を年齢で制限するルールが導入される可能性も?

老いのスピードは人それぞれなので、人に応じて法律を変えるわけにはいきません。

現状のルールでは、75歳以上のドライバーは判断力などのテストを受けることが義務付けられているようですが、実際の運転の場面では、テストでは測れない瞬時の判断が求められることがあるでしょう。

今回の事件を契機に、年齢で運転免許を制限する動きが出るかもしれません。

被害者

被害に遭われた方は、4名いらっしゃいます。

そのうち1名の方は、お亡くなりになりましたが、他の3名の方は軽傷との報道がなされています。

現場とTwitterはどんな感じ?

神奈川県の茅ヶ崎市元町を通っている、国道一号で事件は発生しました。

おそらく防犯カメラの映像か何かでしょう、ニュースでも暴走の瞬間が報道されています。

例えば、以下の映像です。

中には、偶然にも現場に居合わせて、報道機関からの取材申し込みを受けている方もいました。

ツイッターのつぶやきを下にスクロールしていくと、取材依頼の模様がわかります。

車種は

現場に居合わせたと思われる方のTwitterでは、プリメーラのようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする