西野亮廣の新世界の感想!お金より信用を稼ぐ貯金より貯信の時代!

Pocket

お笑い芸人の西野亮廣さんが、新刊「新世界」を出版されました。これからはお金よりも信用を稼ぐ「貯信時代」を提唱され、「貯金は機会損失」と仰っています。「信用を稼ぐ」という発想も斬新です。貨幣経済から信用経済へ変わる「新世界」の感想を書きました。








西野亮廣さんの新世界

お笑い芸人の西野亮廣さん。

堀江貴文さんとの共著に続いて、斬新なビジネス書を記されています。

堀江貴文氏(ホリエモン)の名著「バカとつき合うな!」は衝撃的ですが、「人生は時間」をベースに、情報を取りに行く・環境を変える・我慢するな・未来は予測不能に加え、行動に失敗は必然と説かれています。オススメの名著で価格も安いですよ。

「新世界」というタイトルを見ると、「ん、どんな内容だ?」と関心を持ってしまいます。

読み進めると、タイトル負けしない含蓄のたっぷりこもった内容でいっぱいです。




お金よりも信用を稼ごう!

本書を読むまで、恥ずかしながらSNSのフォロワー数に対した関心はありませんでした。

フォロワーの数が絶対ではありませんが、フォロワー0の人とホリエモンが同じ事を言ったとしたら、どっちを信用するでしょうか?

フォロワー0人の人とホリエモンが何かを呟いたら、どっちの話に耳を傾けるでしょうか?

世間から信用されていない・信用がゼロの人は、そもそも話を聞いてくれない(気づかない)のです。

お金がなくなると食べていけないので必要ではあるのですが、これからの時代は(極論すると)「お金よりも信用の方がより重要」と説かれています。

読んだときは、「え、そうなの?」と思いました。

ただ、読み進めていくと納得しました。




クラウドファンディングは信用を換金する装置

お金を持っているけど全く信用できない人と、お金はないけど信用の置ける人。

ふたりとも「ビジネスをしたいから、出資して!」と言っていたら、どっちに出資するでしょうか?

ビジネスは失敗することもあるでしょうが、お金を出す側としては、「本当にしっかり頑張って増やそうとしてくれるのか?」を最も重視するでしょう。

だから、信用の置ける人にお金が集まっていきます。

そういう意味では、「クラウドファンディング」は「信用」を「お金」に換えてくれる装置とも言えると、西野さんはおっしゃっています。

だから、どんなにお金持ちの人でも信用がなければ、クラウドファンディングでお金を作ることはできないのです。




貯金時代から貯信時代へ

信用がより重要視される現代ですから、西野さんは「これからは貯金時代から貯信時代になる」と仰っています。

どれだけたくさんの信用を集めたかが勝負を分ける。

考えたこともなかったですが、ここまでの話を「新世界」で読んだだけでも納得です。

いまの特に若い人たちは「おもしろいこと」により価値を見出しています。

「おもしろく、楽しく生きる」を重視しているので、「おもしろいことをいう人」「ためになることをいう人」「発想が斬新な人」「聞いていると、見ているとワクワクする人」に時間とお金を使います。

そういったことをはかる指標の一つが「フォロワー」であり、いうなれば「信用」でしょう。

これからは、貯金持ちよりも「信用持ち」が重要視される時代なんですね。




貨幣経済から信用経済へ

極論すると、お金よりも信用の方がより重視されるんですね。

そして生活するのに必要なお金は、これまで貯めてきた信用をインターネットを介してお金に換える。

西野さんの「貯金するくらいなら、1人でも多くの人を笑顔にして、信用を稼いでおいたほうがいい」「貯信時代に貯金は機会損失」という発想は、斬新で強く残りました。

この発想は、若い世代だからこそ受け入れられるもので、「お金は汗水垂らしてらその対価としてようやくもらえるもの」という発想の団塊の世代の人たちには受け入れ難いものでしょう。




嘘をつくことの効果

誰しも多かれ少なかれ嘘をつきます。

でも「嘘をつくことでで露出を続けると、認知度は上がるけど人気度・信用度は確実に落ちる」と西野さんは仰っています。

「貯信時代」に必要な「信用」が貯まらないんですね。

認知度が上がると「信用された」と思ってしまいますが、そこをはき違えないようにしないといけないということなんです。




感想

ついつい見逃しがちな「信用」の重要性。

気付きをたくさん与えてくれる本書は、イチオシです。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする